あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
e0005435_22323843.jpg

ホントにねぇ~、気の向くまま思いのむくまま・・
という、blogの趣旨に従ったわけではないのですが
ちょっと更新がご無沙汰でした。 

この間にあったことといえば
息子の体育祭、友人からの3年ぶりの電話、親戚の不幸・・・などなど。
小さいけれどいろいろ私にとっては劇的なことがありました。
特に、友人からの電話はいろいろ考えさせられました。

人間って何かに頼らざる終えないモノだとは思います。
それが子どもだったり、親だったり。
・・・多かれ少なかれ依存するものがあるんだろうなぁ。
それが自己実現に寄与するものだったら「やりがい」が派生するんでしょうけれど
当然マイナスに繋がるものもアリ。

それは賭け事だったり、アルコールだったり、エンドレスな買い物だったり。。。
彼女の場合はアルコールだったわけで、自殺まで考えたらしい。
今はもう大丈夫だけど彼女いわく「修羅場」だったよう。
4人のお母さんであることを知っている私には
どんな修羅場だったのか・・・想像するのが怖い。
有名なアルコール外来へ数ヶ月間通いなんとか今は普通になっているけれど
これが2度目だということを知ってる私は、胸に重たいもの感じてしまう。

子供の頃の経験がトラウマになっているようで
彼女の父親がやはりアルコール依存の人だったらしい。
暴力を振るわれたり、暴言をはかれたり・・・で、現在彼女の妹もそのトラウマのせいか
同じように悩み通院しているとのこと。
1日でも平穏な日々を送られることを祈るだけです。

という私もここ数日間、悶々とすることがありちょっと凹みがち。
それを言い訳にしたくないけれど
そのせいでblogを更新するのも気が重く・・・あぁ、なんてヘタレな私。
ぼちぼち更新にお付き合いくださいませ
・・・というのも気が引ける今日この頃、ゆっくりと見守ってくださいね (^^;

ちょっと景気づけに、きれいなお花でココロを癒しましょ♪
[PR]
# by catynot7 | 2005-09-19 22:35 | 憂う

e0005435_9513852.jpgCDを整理していたら、出てくる出てくる、
タイポップスのCDやカセットテープ!
中には買ったまま聞いていないのもあったりして・・・。
Koboriさんのコレクションほどではないけれど(^^;
タイ旅行の度にCDとかカセットテープを買っていた。

このカセットテープ、日本では語学学習用にしか見られなくなってきたけれど
タイではまだ売られててちょっと安心。しかもかなり安い!
音はイマイチ&イマニだけれども、
タイポップスに関するウェブサイトを持っていて
リンクタイランドにもコメントを書いて生業にしている友人は、タイへ行くたびにシコタマ購入。
選び抜いたものだけCDで、あとはもっぱらカセットテープを山のように買っていた。

でも、今回のタイ旅行ではまったく買わなかったなぁ~。 ちょっと後悔。
時間がなかったのもあるが、アメリカからの引越しの際
自宅のCD・DVD・VIDEOテープ・カセットテープの山に辟易してしまったから。
おまけに個人使用であること、H系が入っていないことを証明するため
全部のタイトルを書いたドキュメントまで用意させられて (’’;
(腱鞘炎になりそうでしたよ、ったく)
・・・それがかなりトラウマとなっていた  
ほとんどがダンナさんが買ったものなんだけど、
このうちどれだけのものを鑑賞し終ったか・・・となるとかなり怪しい。

時間に追われて聞く&観る時間もないのが正直なところ。
以前も、未鑑賞のDVDが地下室に2~3,000枚も眠っている人とか、
アメリカの新聞の特集で載ってたっけ。こうなると、もうコレクターの世界です、ハイ (^^;
アメリカはDVDが新作だと20ドルくらいするけど、ちょっと古くなると1枚9ドル
抱き合わせで2枚15ドルくらいで売ってるのでみんな簡単に買ってしまう。
おまけに、インターネットでのコンテンツサービスも進んでいるので
レンタルビデオ&CD&DVDショップがさびれる一方だ。

でもでも、タイでもDVD安かったなぁ~。
一枚99バーツとかで売っててバチもんかと思いました。
もっと買えばよかった。。。
でも、きっと落ち着いてから観ようとかで
なかなか観ないのは目に見えている (←くどい日本語っ

とはいえ、ラックを片付けてて懐かしいCDを発見!
またそれをネタにしてアップしよう! と心に誓ったのでありました。 
その話は後日~♪ (←引っ張ります・・・出し惜しみテク (^^;
[PR]
# by catynot7 | 2005-09-08 09:51 | 憂う

再会!

アメリカから帰ってきて初めて、デトロイトで同じ地域に住んでいた友人に会った。

e0005435_9361427.jpg
帰国する前に、同じ神奈川に住むことがわかり
「日本でも会おうね~」と約束していたのがついに実現!
中間地点で会おうということで待ち合わせは
横浜そごうのからくり時計の前
とってもオーソドックス・・・。
だけど、ふたりとも浦島太郎なんだもん。
新しいところ&若者が多そうな場所は極力避けました (^^;

久しぶりに会う彼女は元気そうだった。
けれど、私より年上ということもあってか
メニューなど小さなものを見るときには、必ず老眼鏡を取り出し・・・。
視力が良かった分、老眼の不便さにぼやいていた。

彼女もアメリカからの荷物が、8月にどーっとやってきて途方にくれたそう。
向こうで処分してきた割に自宅マンションに入りきらなかったようで
近所にトランクルームを借りたとのこと。賃貸料1ヶ月15,000円!
でも彼女いわく、以前は2台あった車が今は1台になってるので
駐車場代だと割り切ってるとのこと。 
でもねぇ~、物を捨てるのにも、保管するのにもお金がかかる日本って一体・・・(T_T)

で、今、家を探しているそうだ。
今のマンションは数年前に購入したものと聞いていたのでこれにはビックリ!
中古住宅を検討していたけれど、いろいろ見ているうちに新築がいいなぁと思い始めたそう。
とはいえ、これから娘さんの受験もあり、教育費もかさむ。
ご夫婦の年齢を考えると、これから住宅ローンを組むのはちょっと大変かも。。。
・・・と、感じつつ彼女の気持ちもわかるんだよねぇ。

アメリカで3年半過ごした彼女達。
元の家に住んでいた頃とライフスタイルも変わっているし、感じ方も変わっている。
特に、今のマンションは線路沿いにあるようで「ウルサイ」のが一番の悩みの種のよう。
アメリカで、自然に囲まれて静か~な環境で暮らしていた家族にとって
以前は許容範囲だった騒音も耐え切れなくなってしまったようだ。
加えて、受験後の子どもの通学を考えての新居探し。
みんな人生の節目節目でいろんなことを見直しているんだなぁ~。

とはいえ、家はとてつもなく大きな買い物。

私の広島の家は、駐在や引越しで他人様にずーっと住んでもらってる。
実際住んだのは子どもが生まれてからの4年半と
タイから帰ってからの1年半で計6年・・・この先帰る確立は10パーセントくらい?
周囲で同じ頃に建てた転勤組は、子どもが大きくなるにつれて
ほとんどの人達が、売って処分してしまったよう。
私は、親が元気な間は、まだ処分しないと心に決めている。
処分したら『もう広島へ帰ってこない』と感じる親のショックを先読みしてしまう・・・。

久しぶりに会って楽しいときを過ごしつつ、いろいろ考えさせられた再会。
でも考える機会を与えてくれた友人に感謝です!
また、会おうね~。
[PR]
# by catynot7 | 2005-09-06 09:39 | アメリカ
e0005435_22325962.gif

さて、タイムリーなことに朝日新聞ロングステイの特集㊦が、本日手元に~!
え、計算ずくだろうって?
いえいえ、そんな計算高い女じゃございませんことよ!
(ただ、単に前回の記事のアップが遅かっただけ・・・(^^;)

注目されているロングステイ。
今回の特集では、その理由が明かしてあり、とても興味深い記事でした。
いま、なぜロングステイか?
そのココロは・・・2007年から団塊世代の大量退職時代が到来!!

彼らは、総勢約700万人
高度成長期に青少年時代を過ごしたため、
こだわりや消費意欲が強いと見られているそうな。・・・そうなの?マムアンさん?(笑
実際、ロングステイだけでなく、旅行や家電市場でも、
それら団塊のシニア向け商品が企画されているよう。
JTBも団塊シニアを特化してロングステイの専門部署をつくり
10月から一般向け窓口をオープンするらしく、
旅行業ではロングステイが魅力有る商品として見られているようです。

記事の中に「白髪バックパッカーも出現か」という表現も。
いいじゃないですか~!自分がサヌック(楽しい)であればねぇ~。
白髪バックパッカー・・・かっこいい!!

で、ロングステイの大切なポイントはというと
 ・ ライフプランを練り年金の満額支給の前に実行
  (体力・気力ともに充実している62,3歳の頃がベスト)
 ・ 現地の下見は現役時代に済ませておくこと

うんうん、私は3年住んで下見を済ませているので大丈夫っ!
・・・ってかなり古い情報が入ったままなので、55歳の頃にリセットが必要かも。

あと興味を引いたのがコレです↓
『ロングステイの希望同伴者』のアンケートで誰と行きたいかと尋ねたところ
 ・ 「夫婦のみ」・・・・男性75%  女性42%
 ・ 「ひとりで」・・・・・男性12%   女性30%
なんだか、ウチの夫婦を象徴しているようで。。(^^;
女性も解放されたいんでしょうかね~?
海外にまで行って「ワシも、ワシも・・・」というのが耐えられないのか?(はい!←陰の声・・

ともあれ、本人の気力&体力がいかに充実していても
滞在国の治安が悪化しては、元も子もありません。
ステイ先の国の治安は気になるところ。
タイは比較的治安がいいと言われていますが、
今のところ私が一番気になるのが、プミポン国王の健康状態。
タイの国民から愛され、尊敬されている国王陛下。
いつまでもお元気でいらしてほしいものです。

さてさて、とらぬ狸の皮算用ではありませんが、
鬼が爆笑しそうなロングステイのライフプランを練ってみようかなぁ~。
考えるのはタダだもん。
[PR]
# by catynot7 | 2005-09-03 22:33 | タイ
e0005435_223026100.jpg

少し古い記事になるが先週の朝日新聞土曜日版に
『海外ロングステイ ㊤費用はどのくらい 』の特集があった。

最近良く耳にするロングステイ。
私もなんとな~くまだ早いと思いつつ
気になるお年頃なんだけど・・・定義というものがあるらしい。

ロングステイの定義
1)生活の基盤を日本におきながら海外の1ケ所に比較的長く滞在し、
  旅より生活を目指す海外滞在型余暇。移住や現地労働をしないのがポイント

ロングステイの期間
・1ヶ月未満~3ヶ月未満 43% 
・1ヶ月未満         19%
大体2週間から3ヶ月が一般的(3ヶ月という期間は大半の国でビザが不必要)

・・・とのことで、個人的には3ヶ月max居たいもんです。
いや、それじゃまだ足りない。6ヶ月?9ヶ月?(TT;

問題なのは生活費。
紙上ではオーストラリア(パース市内)、ハワイ(ワイキキ地区)、
マレーシア(クアラルンプール市内)、タイ(バンコク市内)、フランス(パリ市内)
5ヶ国の、夫婦二人の1ヶ月の生活費試算が費目ごとに表にまとめてあった。

やっぱり、5か国中ダントツにバンコクが安い!
マレーシアのほうがタイよりも物価が高いのが意外だった。
一番高いフランスの414,450円に比べて138,900円!
これだと二人分の年金プラスαでなんとかやっていけそう・・・という気になる。

一番削ってはならないものとして住居費があげてあったのも納得。 
海外ではお金で安全を買うと割り切るべきという意見には賛成です。
ちなみにバンコク市内の住居費として20,000バーツ(60,000円)としてあった。
最近物価が高くなってるので、ちょっと心もとない気も・・・。
以前はロングステイの人気国に欧米志向が見えていたものの
近年は物価の安さと贅沢ができるということでアジアが優勢らしい。

書店でもロングステイ本をたくさん見かけるようになったし
DACOでも2号連続で特集が組んであったり・・・と、
バンコクはいま熱い視線で見つめられている。
私も、なんとなく気になるロングステイ。
とはいえ、子どもが独り立ちするまではまだまだ先の話?

もう1度ありそうな駐在がバンコクであることを祈りつつ (中国は避けたい・・・(^^;)
とはいえ、息子の教育を考えると次回は単身かなぁ~と
こころは振り子状態でいったりきたりしております・・・。
ま、アメリカから戻ったばかりだし
しばらくは落ち着いた暮らしをしたいというのが本音。

ちなみに明日の土曜日版に 『ロングステイ㊦』 が特集されま~す。
新聞社の手先ではありませんが(^^;興味のある方はどうぞ!
[PR]
# by catynot7 | 2005-09-02 21:50 | タイ

好きです

e0005435_21531230.jpg

すみません、意味深なお題で (^^;
単なる食べ物ネタです、 ボケボケ写真ですが・・・。

タイ土産というとドリアンチップをお気楽に買ってしまいがち。
あれも美味しい?と聞かれると、ある意味美味しいけど・・
油がまわって不味くなりやすいのが残念。
特にあまり商品が回転してないようなお店で買うとアウト。
もらっても嬉しくない&自分で買っても、油の回り具合次第ではゴミ箱へ直行~

で、ドリアンチップ代替品としてお勧めなのがコレです。
花形ドリアンチップの影に隠れてしまいがちですが
これ、ジャックフルーツ(カヌン)のチップです。
ジャックフルーツは生で食べても濃厚な甘さで美味しいものですが
食べ続けると、ちょっとくどいかも。

で、乾燥させてチップにすると、これがイケル!
ジャックフルーツのフルーティな香りを残しつつ
ぱりぽりとクリスピーでとても美味しいんです。
この商品は OTOP product champion の表記あり。
OTOPとはなんぞや?

e0005435_21533990.jpg


タイではタクシン首相の就任後、一村一品運動が国策として取り組まれてきました。
その目的は、地方の雇用の創出と所得の向上。
タイには、76県下に「町・村」に相当する行政区・タンボン(Tambon)があります。
政府は、各タンボンごとに一村一品を指定し、
各省庁が協力して生産技術・マーケティングに取り組み、
地域住民による商品開発、市場開拓を支援してきたプロジェクトです。
そのタイ全国の一村一品 「ワン・タンボン・ワン・プロダクト」を略して
「OTOP」と呼称し、ロゴも作ったようです。
で、この商品はOTOP productのチャンピオンになったようで
下にはチャンタプリー・フルーツ・プロダクト株式会社の名が。

『一村一品運動』・・・アイデアが良いですね~。
どこかの国で行われた、ふるさと創世事業とやらで
全国の自治体に一億円ずつ配られたのとはえらい違いです (TT
しかも、これらの商品、タイ政府によって5段階評価でランキングされ
3つ星以上の評価を得たハイグレードな商品を中心に展示会とかも開かれ
輸出に適している商品として、各国にアピール&宣伝も行われています。
タクシンさん商売上手。

果物の加工品や干物、蜂蜜などの食品だけではありません。
このほかにも石鹸、アロマキャンドル、インテリア雑貨・・・
いろんな「OTOP」商品を目にすることがあるはず。
政府の手がかかっているだけあって、品質がよくお勧めです。
今度タイへ行かれる人は是非探してみてください♪
[PR]
# by catynot7 | 2005-08-30 22:05

社会人野球


e0005435_017553.jpg東京ドームへ初めて足を運びました。

父さんの会社の野球部が社会人野球の都市対抗戦に出場するというので、いざっ!応援に行ったのです。
(実は私もこの会社のOG)
都市対抗野球は、はるか昔、1度応援にいったっきり。
そのときは広島から上京して後楽園球場へ応援に行き
試合には勝ったものの、帰りの新幹線が台風で不通になり帰るに帰れない状況に。
当時、入社したばかりでノミの心臓の私は (←今も変わらない・・・え、何か?)泣く泣く上司に「帰れないコール」をして、東京へとどまったのでした。


そののち後楽園球場は東京ドームになったものの、訪れたのは今日初めて。
社名の入ったうちわを手に、8番ゲートから入って感動!
広い・きれい・涼しい~♪
なんせ球場といえば広島市民球場しか行ったことがない私。
あ、あとデトロイトタイガースの本拠地・コメリカパークも。

馴染みの広島市民球場といえば・・・
球場はコンパクト (←要は小さい)  階段は急だし、座席は狭い。
長時間座っているとお尻が確実に痛くなる座席に閉口し、
観戦のときは座布団必携でした。

でも広島市民球場のほうがなんとなくスキです。
馴染みがあるっていうのもあるけど、なにか、猥雑な雰囲気があって。
球場内で売っているフツーのうどんがけっこう美味しかったり。
ドームだと頬を渡る風も、日暮れ時の美しい空も雲もみえないし・・・。
エアコンが効いてて快適なんだけど、観戦中ビールがあまり売れないかも(笑

会社の応援団も総動員で応援にも熱がはいります。
太鼓部やチアガール、ブラバンも総出で応援合戦。
でも悲しいかな、試合結果は3対1で敗退。
満塁のチャンスが2回もあったのに点が取れず・・・(泣
流れは完全に相手チームへ。
かなりストレスがたまった野球観戦となりました。
地元の予選の決勝で、大逆転をして勝ち取った代表権なのに~。。
奇跡は2度は起こらなかったよう。

とはいえ、批評や分析はとりあえずおいておいて、
「よく戦った」と選手の労をねぎらってあげたいものです。
[PR]
# by catynot7 | 2005-08-27 23:24 | よしなしごと

タイでゴルフ

e0005435_214692.jpg
年を感じました・・・。
年月の流れを感じました・・・。
それほど、タイで久々のゴルフは疲れました。
デトロイトの爽やかな空気の中でプレイしすぎたせいか
暑い日ざしの照りつけるタイのゴルフは、体力にもお肌にも限界を感じ少々ショック。

駐在時にカートに座らせて『小学2年生』とか読んでいた息子も
なんと今では一緒にラウンドするようになり、そっちのほうでも月日の流れを感じた次第。
しかし、彼が親しんできたアメリカのパブリックゴルフ場。
自分でカートを引きながら、クラブを選びグリーンを目ざすのが普通
と思っていた彼にとって、タイでのキャディさんの存在は正直言って「何だ?このひと?」

タイのゴルフ場ではキャディさんはプレーヤー1人にひとり。
・・・というか1人以上だったら何人でもOK(^^;
実際、日傘持ちのキャディさんまで連れてラウンドする人がいるくらい。
以前日傘持ちだけでなく、折り畳み椅子持ちのキャディさんまで
ひき連れているタイ人を見た時は、びっくりこきました。

キャディさんとの会話はほとんどタイ語。
息子も戸惑うはずです。 自分用のキャディさんが付くんだもん。
タイ語でいろいろ言われても・・・。
途中からキャディさんもわかりやすくブロークンな英語に切り替えてくれたよう。
「自分でカートを引っ張りながら、クラブを選ぶほうがずっと気楽でいい」
とは息子の後日談。 母も納得。
ラウンド中ずーっと不機嫌そうだった・・・というか気兼ねしながら回ってたような。

息子は、幼稚園の年長から小学3年生の1学期までタイ国日本人学校へ在籍。
学校では1年生からタイ語が必修だったものの、たった1週間に1時間。
これじゃあモノになるはずないよーーーっ。
当時タイ語の成績はよかったとはいえ、あっという間に忘却の彼方。

そういえば、面白いことがありました。
息子の第3打がトックサーイ(バンカーへ落ちた)したときのこと。
彼がバンカーショットを打った後、いつもアメリカでしていたように
ささっとレーキを持ち、砂をならし始めました。
これにはキャディさん達もビックリして大笑い・・・だってキャディさんの仕事だもん。
「マイ・トーン・カー(しなくていいよ)」 と大慌てで息子に言ってました。
アメリカでは自分で全部するんだよ~と説明すると
ひとなつこい微笑を返してくれました。

タイ語ができるとゴルフをしていてもキャディさんとのやりとりが楽しいものです。
ま、キャディさんに拠る・・・といわれればそれまでですが・・・(^^;
でも気は心。 とかくキャディさんの質でゴルフ場を云々することが多いようですが
プレーに没頭していたら、自分で責任をとりながらラウンドするだけです。

コースやコンディションの良し悪しでゴルフ場を評したいですね。
あ、あと料理が美味しいか不味いかも・・・(笑

【 photo 】  息子のティーショット「腕がまがっとるやんけ~!」
          きこりゴルファーになっとります。。。
[PR]
# by catynot7 | 2005-08-25 21:54

今日で○歳?

来てしまった~。 何がって、誕生日です。

誕生日を迎えて単純に嬉しかったのは27歳まで(←このトシで結婚したから(^^;)
その後じわじわとブルーに。
藍色ぐらいのブルーになるのは35歳を超えてから。
だって求人情報にこの35歳の壁をちらほらと見てとってしまう。
なにか特別なスキルがあれば別ですが、この35歳の壁は厚い!

だからこそ、2年前、渡米直前までしていたタイ語にかかわる仕事は
年には関係なくスキルでゲットした仕事。
多忙だったけれど本当に楽しかった。子どもに関わる仕事だったし。
最近むくむくと求職症候群が現れだしたので
高齢になる前に(^^;ぜひ職を探したいもんです。

とはいえ、『赤いちゃんちゃんこ』を着るまではまだまだっ!
もうひと一花咲かせたいなぁ~。
ぶっちゃけた話、タイへ留学したい。タイへ行ってそれを実感しました。
でもそれは子どもを持つ親の責任を果たしてから。
とか言ってると、自分の親の健康状態が今度は関わってくるし。
なんせ一粒ダネですから・・・親のことは一番気がかりです。

とにかく何やかやとビミョーなトシ頃に突入。

でもでも、今日パソコンを開いて
すみでいさんの作ったカノムモーケーンバースデイケーキを見た途端
ブルーな気分が吹っ飛びました。・・・仲間っていいね。

タイからもバースディカードが届き、
いつもの掲示板でもお祝いの言葉をいただいて本当に感謝★感謝です。
皆さん、祝ってくれてありがとう!!
[PR]
# by catynot7 | 2005-08-23 23:27 | よしなしごと

秋刀魚

タイから帰って日本のほうがムォ~ッと暑く感じたけれど
それでもタイへ行く前より朝晩がすごしやすくなった。
スイカ食いの私はスイカに貼ってある産地シールで秋の訪れを感じてしまう。
昨日買ったのは、青森産だったし・・・。
北海道産になる頃、スイカに別れを告げるんだけど・・・辛いんだ、コレが。

で、秋といえば秋刀魚です!(←持って行きかたに、ちょっと無理あった?(^^;
今日スーパーで秋刀魚が安かったので迷わず購入!
いつもはあの苦味が好きなのでシンプルに塩焼きするんだけど
今日は何を血迷ったか、刺身にチャレンジ!
(実は隣に刺身用の切り身も売ってて、これなら私にもできそうやん!と思ったのが甘かった)
青魚大好き人間なので志は高かったものの
3枚におろして皮むいて・・・げっ、この皮薄いじゃん (TT)
しかも皮を剥く前に、小骨を取らなければならず
・・・毛抜きで頑張りましたぁ~。

皮を剥いた後だと、小骨を抜く作業中に身がほぐれてしまいそうに。
で、急遽2匹目から手順を変更。
失敗は成功の父ですなぁ~。
3匹やり終えた後には達成感とともに今度は切り身を買おう!と心に誓ったり(笑

普段簡単にぺロリッと食べてるお刺身
調理場でこんなんしてるんやなぁ~っと、判っていたけど改めて感動。
鱧も小骨を全部包丁で叩いて砕くしねぇ。

しかも今回大発見★ なんと秋刀魚の小骨って真ん中が青い色なんですっ!
毛抜きで抜くとき気づいて 「な、なんだ!?この色は~」 きれいな青色で感動。
これには驚きました。焼いていたら絶対気づかなかったでしょう。

魚は持ち味がそれぞれあって、十把一からげじゃないので大好きです。
手間隙掛けて食べた秋刀魚のお刺身、身がぷりぷりで美味しかった~。
やっぱり苦労すると喜びも2倍!?
[PR]
# by catynot7 | 2005-08-22 22:02 | よしなしごと