あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

たかが姓されど姓

e0005435_21255422.jpg今では婚姻届を出す際、改姓するか旧姓のままか
選択できるようだけど、昔は当然夫方の名前へ改姓。
旧姓とおさらばする時って感慨深いものがある。
本人がそうなんだから、花嫁の親はもっとしみじみとしたものを感じるんだろうなぁ。

まがりなりにも会社勤めをしていたので
やっぱり仕事で通用していた姓は愛着があり、
姓を変えるのがほんとうに嫌だった。
ときどき、養子縁組で姓をかえる男性を社内で見かけると
「すごいなぁ~、思い切ったなぁ~。。。」と思うことがしばしば。
だってその名前に、そのひとのバックグラウンドがギューッと詰まってるんですよ?
山田さんが急に服部さんになったとして、社内的にはお知らせが回るかもしれないけど
取引先とか、友人その他もろもろの知り合いに
「服部は、もと山田」と説明しなくちゃならないし。
字面をみて『 山田→小太り・メガネ・気のいい奴・ちょっと後頭部が寂しげ 』
と、即座にイメージできたのに、『 服部→・・・???誰、それ? 』になってしまう悲しさ。

ところで、私の旧姓はかなり珍しかったらしい。
らしい・・・というのは、当の本人は珍しいという自覚がなかったから。
先祖のお墓参りに行くとたくさん墓標にこの苗字を見かけてたこともあり、
ポピュラーに違いない!と固く信じていた。
その旧姓は、「黒飛(くろとび)」 (←え、やっぱり驚いた?
会社勤めをするようになって、電話口で一度でわかってもらえないもどかしさを何度も経験し
ひょっとしてひょっとすると、珍しいの?と思い始めた。
特に東京本社や支社の人のリアクションが「めっずらしい名前だね~」

しかし、この漢字を説明するのが一苦労だった。
結局「白黒の黒に、飛行機の飛ぶ・・・の「黒飛」です」という長ったらしいフレーズで説明。
中には「くろとびぃ~?先祖は忍者か何かだったの?猿飛佐助とか?」
と、のたもうた御仁もいらっしゃった・・・。
んなわけ、ないでしょ~っ!手裏剣投げるぞっ!!

とにかく、一度聞いたら忘れられない名前だったようで・・・ある意味役得だったかな?
そして、婚姻届を出してから「○本」というとっても平凡な名前になってしまい
なんだかつまらなく感じてしまった。 
唯一便利だったのは、いつでもどこでも三文判で手に入ること!

姓が変わってフツーの姓になってしまい
銀行へ行き、雑誌を読みながら順番を待っていたときのこと。
「○本さまぁ~、○本さまぁ~」と呼ばれても気づかなかったのは・・・私です(^^b

今の自分の姓に、愛着ありますか?
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-22 21:34

ペットブームと無縁です


一生のうち誰でも一度はペットを飼ったことがあるだろう。

我が家は残念なことに、まだそのたった一度しかない。
引越しが多かったこともある。社宅なのでダメだったことも。
アメリカでは「よっしゃ~っ!この機会にワンちゃんを!」と決めかけたが
結局飼えなかった・・・というか飼わなくてよかった。
こんなに早く帰国が決まってしまったら別れがさぞや辛かったことだろう。

その栄えある一度飼ったことのあるペットは・・・ジャーン♪♪です(笑
それも拾ってきた亀。
公園を歩いていたら息子が野生の子亀を発見。
そのまませがまれ我が家に連れて帰り、居ついてしまった。
名前は「ゼニガメ」
・・・そうそう、ポケモン世代なんです~うちの息子。

タイでは住居がマンションだったのでペットといえばほとんど亀とか熱帯魚。
洗面器に丸石を敷いて、まんなかにIsland状の大きめの石を置いていると
よくその石の上でのほほ~んと休んでいて、それを見るのが楽しかった。
動きは遅いけど、好物のイリコとかやるとムシャムシャと食べてた。
しかし、そういういうたんぱく質をとると、糞が臭くなる→水が汚れるという構図が・・・。
これって、野菜の離乳食を食べてた赤ちゃんが、たんぱく質を取り始めると
とたんにウンチが臭くなるのと似ている。
亀を飼いたいと息子が言った時「世話は必ず自分でやる」との約束をとりつけてたので
息子は頑張って臭さと戦いながら水を替えてやっていた。

そんなゼニガメも、大きくなるとだんだん洗面器から脱走するように(汗
ゆっくりと洗面器をよじ登って外にコロン。そのままドロンしてしまうのだ。
その頃は、外出先から家に帰るとみんなでいの一番に洗面器をチェック!
居なかったら、即、ソファや家具の下を覗き大捜査!
ソファの下がお気に入りだった。
でもねぇ、見つけたときはひっくり返って首も手も足も出てないし、
「死んじゃった~」と息子は大泣き。
水から出て乾燥して死んでしまったと思ったよう(←母もです
おそるおそる水の中に戻すと、首がにょきっ★あ~、よかったぁ。

そのゼニガメともお別れの日が。
日本へ帰る帰国の日がやってきてしまった。
帰国が決まるとみんな池に放していたが、ゼニガメは仲のよかった友達の家に養子に。
面倒を見てくれる人がいただけよかったけれど・・・それでも淋しかった。
あとでタイへ行ったとき、お宅に寄って倍くらい大きくなった姿に感動。
でも、悲しいかなその友人も数年前に帰国してしまい、
連絡先もわからず、ゼニガメの所在もわからぬまま。

ゼニガメ・・・どこかでのーんびり生きてて欲しいな。
e0005435_2313862.jpg

[PR]
# by catynot7 | 2005-06-21 22:36 | タイ

平均的トイレ滞在時間

突然ですが、真面目なシモネタです。
あなたは、トイレが長いですか?

というのも、息子のトイレの滞在時間が異常に長いのだ。
彼の「腰が重くなってきた~」は、トイレの合図。
それを聞くと「ちょっとちょっと、待って!先行かせてぇ~」
と、母トイレに駆け込む・・・がいつもの構図。
だってすごい長丁場なんですよ。 
その間にトイレに行きたくなってしまうことを考えると、
とりあえず行っておこうか・・・となってしまう。

しかも、彼はトイレに入る前におもむろに本棚の前へ行き本を選び出す。
それは雑誌だったり、詰め将棋の本だったり。。。
これから20分~はがんばるぞ!という意志の固さが見て取れる。
・・・というか、本を見ながらなんで頑張れるの?

最初は、閉口してたけど、ま、ひとそれぞれの型があるんだろうから
かなりプライベートな問題なのであんまり気にしないようになった。
でもさすがに修学旅行とかが近づくと、
「まさか、あのパターンでしてないだろうなぁ」とか
「2泊3日・・・どうするんだろ?」といろいろ気に病んでしまった母です(^^;

そういえば本屋さんや、図書館に居ると
急にトイレに行きたくなる人が多いらしい。
本にそういう力があるんだろうか。
その力を知ってか知らずか、今日も息子はいそいそと本を携えてトイレに行くのだった。
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-20 23:45 | よしなしごと

横浜

e0005435_2239851.jpg

何年ぶりだろう。横浜に行った。
昔はなかった『みなとみらい』駅で下車。

ホームにかもめの声の響く港をイメージした駅のデザイン。
ここはどこかの空港の輸送システム?という趣で
近未来的な作りでびっくり。

地上に出ると超高層マンションがたけのこのようにニョキニョキと建っている。
スゴイ。。。でも住みたくないなぁ。
超高層マンションに住んでいると情緒が不安定になりやすいと聞いたことがある。

タイでは23階に住んでいた。
ベランダに出て (もとい、バルコニー(^^;)下をみると人がゴマ粒のよう。
スコールの前には風の変化を肌で感じていた。
感心したのが、23階でも蟻が出現!それも列をなして・・・。
私が情緒不安定になったのはこの蟻さんのせいでしょう(笑

久々の横浜の開発された地区を見てふと気づく。
・・・神戸のポートアイランドに似てる!
人工的な美しさを求めるとこうなるのかなぁ?
外国人の姿をちらほら見かけるのも一緒。

すこし強い風に潮の香りを感じながら、大きく深呼吸。
この風ですよぉ~。気持ちいい。
横浜はいいなぁ。
渋谷よりずっとずーっと、いい。
家族連れが多いのがいいな。ほっとする。
先週行った渋谷は・・・若者の街じゃなくて○カモノの街。疲れます。
昔はハチ公の尻尾の辺で待ち合わせしていた私も、年をとったもんです。

また来るね、今度は海を見に。
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-19 22:55 | よしなしごと

驚き・その1

アメリカから日本に帰ってきていろんなことに驚いた。

まず、ぶつかっても謝らない人の多さにびっくり。
アメリカだとみんな「Excuse me」っていうぞ??
だから人とぶつかったときに「あ、すみません」言ってるのは私のみ。
ま、いいですけど。。ちょっと空しい。

「Excuse me」と言われたら、必ず「That's OK!」とか「No problem」と答える。
そんなやりとりがその場限りの相手との関係をほぐしてくれる。
これで笑顔があればパーフェクト。心の潤滑油になるよねぇ。

アメリカでは建物のドアを開けたときも、後から来る人の有無を確認して
続いてすぐに人が来そうだったら、ドアをそのまま手で支えて開けておいてくれた。
クセとは恐ろしいもので、日本でもついコレをしてしまう。
私の思わぬアクションに、後に続くその人は驚いたり、恐縮したり、
はたまた走りこんできたり・・・(^^; でもね、いい習慣だと思いますよ。
スーパーでも前のお婆ちゃんが重たそうなカゴを床においていたら
レジ台にあげる前に持ってあげてしまう。
だってどう考えても私のほうがパワー有り余ってる。

できる人ができない人を助ける・・・って普通のことだと思うんだけど。
なんだか周りを見てない(見えてない)ヒトのなんと多いことか。
日本に住むと、なんだか心がすさんでくるような気がするのは私だけでしょうか。

日本のヒトって(私も日本のヒトだが)
親しいヒトにはめちゃめちゃ優しく、馴れ馴れしくできるけど
そうでないヒトにはなにか冷たくありませんか?
最近日本に住む外国人の辛さ、寂しさをつい考えてしまう私。。。
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-18 22:22 | 憂う

コツはそれぞれ

e0005435_237938.gif「ダーリンは外国人」というマンガを本屋でチラッと立ち読みしたことがある。

先日NHK教育TVの『英語でしゃべらナイト』を観ていたら(←けっこう好き)、そのモデルとなったダーリン、トニー・ラズロ氏がゲストで登場。
彼は、すでにかなり流暢に日本語を話すのだが、
彼の語学習得のポリシーがユニークで面白い。
「読む・聞く・書く・話す」のうち、特に「書く&話す」にポイントをおくそう。

読むと聞くはあんまりポジティブじゃなくてもできるけど(頭に入ってくる)後者は自分からモチベーションを高めないとできないことだからだそうな。
要は「難しいところからトライ!」  う~ん。。。

彼は朝起きて一番に『よぉ~し、言葉だっ!』と気合いをいれるらしい。
そうそう、この気合いが大切。
私もタイで、無謀にも習った言葉をすぐに誰かれとなく使っていた。
一番よく覚えてるのが、この一文。
「ナイ・バンダー・ポンラマーイ・タイ・クン・チョープ・アライ・ティー・スット・カ?」
(タイの果物の中であなたは何が一番好きですか?)

今思うと「ナイ・バンダー」なんてあんまり使わないような・・・教科書言葉か?
こんなこと突然聞かれて、とまどっただろうなぁ~(^^; 
彼は笑いながら『マムアン』と答えてくれました。

あぁ、タイへ行きたい。
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-17 10:51 | 語学

今日から

はじめます、ブログ。
とうとう血迷いました。

小さい頃から流行に乗るのが苦手。
たんにドンくさかっただけかもしれない。
それを引きずってか「冬のソナタ」まだ、見ていない。
アメリカのデトロイトで、どんなに大勢の日本人に
「えぇ~っ、まだ観てないのぉ!!!」と言われたことか。
ここはアメリカだよぉ!なんで韓国ドラマやねん!と心の中で叫んでた。
e0005435_22535054.jpg
その昔はやった「東京ラブストーリー」を初めて観たのも
放送が終わってかなりたってから。
バンコクで友達がVIDEOに全部録画してたのを貸してくれたのがきっかけだった。
流行に乗るのが苦手でも感情移入は得意のようで
前編続けて、朝4時まで観てしまった。。。
だって「続きはまた来週」じゃなかったら観るしかないでしょう!
で、かなり遅れてはまりました。しかもタイのバンコクで。

ブログも「早く始めたもん勝ちだよ。ネタがなくなるゾ」
という友達のアドバイスにうなずきつつ「多分やらないだろうなぁ」と思ってた。
でも、ロムラーになっていろんな人のブログを見てると
いろんなスタイル&想いがあって、私も書きたい!とムズムズ来てしまった。

考えてみれば、自分の私生活はバレバレになるし、
自分をさらけ出すことにもなる。
でも、やりましょっ。どうせMの気はあるんだし(えっ?
見世物になるのは平気です!(ええっ?

ということで、自己中心的な内容になるのは見え見えですが、やります。
老後、『おぉ、こんなことを書いとったんかいのぅ。青い青い・・』
と回顧する日のためにも。

ちなみにタイトル「愛がなくちゃね」
何事にも愛をもって接したい・・・という小さな願いをこめてつけました。
現実は厳しいケド。
[PR]
# by catynot7 | 2005-06-16 22:22