あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

百花繚乱のTV番組。
とはいえ、うちはテレビ・・・あんまり見ないんですよねー。
最近は受験生をかかえてるせいか、
いっそうTVを見る時間がグンと減りました。
そんな中で、我が家でコレだけは欠かせない番組といえば

ニュースと・・・「パネルクイズ アタック25」(^^;

「アタック25」といえば私が子どもの頃からあった番組。
その昔、のんびり日曜日の午後といえば
NHKのど自慢→新婚さんいらっしゃ~い→アタック25というのが
我が家(実家)の定番でありました。
検索してみたらなんと1975年から続いている長寿番組、ひぇ~、もう31年!

児玉清さんもご健在。
児玉さん、素敵ですよね~。あんなおじ様がいたらコロリだワ。
知性&教養が隠せないキャラです。
実際すごい本の虫だそうで書評がかけるくらいの知識をお持ちのよう。

で、アタック25。
この番組が面白いところは

  1.クイズが解ける知識の量が勝負・・・なのは当然ですが、
  2.オセロにも似たパネル取りのテクニック
  3.アタックチャンスでのどんでん返し
  4.自分がとったパネルの数でしかパリ行きをかけたVTRを見れない

とくにトップ賞になった人が必ずしもパリへ行けるとは限らないところがミソ。
残った回答者3名の中でわかってる人がいる可能性もありありで
人生ってうまくいかない・・・ということに気づかせてくれる番組です(^^;

長い間見てると、クイズの出題傾向がだんだんわかってくるんですよねー。
(やっぱ過去問はしときぃや!!→To.受験生cat.Jr (ーー;)
司会の児玉清さんの意向か、作家や本の題名の問題が必ず出ます。
そのせいか、この手の問題を回答者が答えると
「素晴らしい!」「良くご存知で!」という児玉清さんハラショーの嵐・・・。
他の問題のときとリアクションがぜんぜん違うんですよねー。

e0005435_993361.jpg我が家ではこの「アタック25」、
1度も欠かしたことなし!(含む録画・・・(^^;)
オープニングで、cat Jr.がそそくさと星取表ならぬ回答正誤表を毎回作成。(←左図参照)
クイズが始まると、我先にガンガン答えまくり!
TOP賞争いは大体が、私とcat Jr.だな・・(--;
ただ、間違えても「お立ち」のペナルティがないのがチト甘い。

cat Jr.はオセロが大好きなので
回答者のパネルの取り方に文句タラタラ。
「なんで7なんだよー。次に角(カド)とられるじゃん。23だろー!!」
・・・はっきり言って、ウルサイです。

回答者が「そりゃないでしょ?」なパネルの取り方をすると
児玉さんも、さり気にスルー・・・場内にビミョーな雰囲気が漂います。 

しかし、親子して芸能関係の問題はお手上げなんですよね~。
芸能・音楽の問題になるとcat Jr. そそくさとトイレにいったり、
私はお茶を入れてきたり・・・それまでの緊張の糸がプッツリ切れます。はは。。

家族のささやかな共有娯楽番組、「アタック25」 これからも永遠に♪
クイズタイムショックなき今、(←実はコレにも燃えてました)
あなたの存在がクイズ番組フリークの心の支えなんですから。

児玉さーん、ずーーーーっと元気でいてね。
貴殿のいない「アタック25」なんて
キーファー・サザーランドのいない「24」。
考えられません。。。
[PR]
by catynot7 | 2006-11-30 10:10

完治まであと少し!

e0005435_16591376.jpg
昨日、息子の手のギブスがやっとはずれました~。

思っていたより早めに引っ付いたようで一安心。
やっぱり、腐っても若者。。(一一)ええなぁ~

とはいえ、これから激しい運動はまだ控え
ぼちぼちとリハビリをしつつ、
元のように心置きなく動かすまで約1ヶ月。
ちっちゃい骨でもそんなにかかるんかなぁ~って感じですが。

ここをご覧になってる皆さまにもいろいろ心配していただいて
本当に感謝しています。
本人もときどき、ここを覗いているようで
皆さんの励まし・武勇伝(^^;)などなどに励まされたようです。

昨夜、早速るんるんでチャリに乗って塾に行った息子。
「治りかけてんのに2次災害おこさんといてよぉ~」
と、声を大にして見送り。
ホント、これでまた転んで複雑骨折したら、しゃれにならんワ。。。

骨を折って数日後に迫っていた校内マラソン大会。
「無理せんと辞めたら?」といっても
「最後だから」と頑として聞かず出場。
Dr.kazさんにもいろいろアドバイスを請いながら、無事完走しました!
(・・・しかし、去年より順位が良かったのはなんでやのん?(--;)
kazさん、ありがとうございました!

今朝、いつものように
「学ランのボタンはめて~」と、母の前に立ちふさがりましたが
「ギブスとれたんやから、ひとりでしぃや!リハビリ、リハビリ~♪」

「ブーっ」と言いつつ自分でなんとかやってましたが、
ちょっと母も寂しいかな(笑)

本当にありがとうございました。
ここで、日々のつれづれをぶちまけてるおかげで
私もかなり心理的に助かっております★

これからも、きまぐれ更新におつきあいくださいませ♪
[PR]
by catynot7 | 2006-11-22 16:59 | 一応、母

まず隗より初めよ

e0005435_1244278.jpg
最近物思うこと
・・・暗いニュースが多すぎる。

実際起こってるのが暗い事件ばかりなので仕方のないことかもしれませんが
そのアプローチの仕方があまりにも暗い。
観ているほうが暗澹たる気持ちになります。
愚痴ばっかり聞いてると嫌な気持ちになるのと一緒で
もっと前向きに考えられるような報道の仕方ってないのかな?

明るいニュースをもっと取り上げて欲しい。
こんな暗いニュースばかり子どもと毎日見ていると
子ども達も社会に対してマイナーなイメージしか持たざるを得ない気がします。

あと、個人情報のからみと事件の影響を危惧してだと思いますが
顔を隠したインタビューが多いのもなんだかいびつ。
アメリカではこんなニュースを見たことありませんでした。
息子が親の知らない間にドラッグ中毒になってしまい
若くして死に至ってしまったケースでも、
その両親がTVスタジオまで赴いて、自分たちの愚かさを嘆きつつ
「けっして息子の轍を踏んで欲しくない」と視聴者や若者に訴えたり。。
日本では考えられない報道です。
視聴者や若者に真剣に考えさせるものでした。

なにやっても面白みのない世界。
頑張っても報われない社会・・・。
見ている方にそう思われがちな報道に接するにつけ
こんな世の中でどう良く行きて行こうと思えるんでしょう?
こんなニュースばかり見てたらみんなペシミストになっちゃう。

古い話を持ち出して恐縮ですが
日本再生ネットワーク「ニュース保存用」という各紙のニュースが比較して読めるblogで
2006年3月16日の記事がとても興味深いものでした。
日米中3カ国の高校生を対象に
学習意識や日常生活などについての調査結果を考察したもので
『勉強が嫌い・消極的で自信がない・将来に悲観的で自分の国に誇りが持てない』・・・
という現代の日本の高校生気質がはっきり現れています。

「将来を思い悩むより、その時を大いに楽しむべきだ」
「親の面倒をみたくない」と考える割合も3カ国中で最も多く、
刹那(せつな)的、自己中心的に生きる日本の若者意識が見え隠れ。

具体的には
平日、学校以外の勉強を「ほとんどしない」・・・日本 45% 米国15% 中国8%
「今の生活で何でもできるとしたら、何がしたいか」の問いには、
「遊んで暮らす」の答えが3か国のうち日本が一番多く、38%。

「国に誇りを持っている」という日本の高校生は51%で、米国、中国に比べて2割以上少なく
国旗・国歌を誇らしく感じるという生徒は米、中ともに5割前後なのに、日本では1割強。
誇りも何も感じない、という日本の生徒が国旗で57%、国歌で65%!
その数字は、
学校式典で国旗・国歌に「起立して威儀を正す」ことをしない生徒7割にリンクしているのでしょう。
とても残念です。。

将来への希望に対して、「将来は輝いている」「まあよいほうだが最高ではない」
・・・中国が80%と最も高く、日本は54%で最も悲観的。

統計にも表れてますが、何も高校生にかぎったことではなく
中学生も同様のことが言えるんじゃないでしょうか?
将来に希望が持てないと悲しい事件が増える一方と思う今日この頃。。
だからこそ家庭の中でだけでも明るく楽しくやっていかなきゃと思います。
国や将来に対しての意識もしかり。

この3月16日の記事は管理人sakura4987さんの、この一文で締めくくってありました。

家庭は、民族の幸運と不運の源泉である。 ― マルチン・ルター

まったく同感です。
・・・うーん、責任重いぞ(^^;



今日は真面目な話題で終始。
ま、たまにはこんな面もあるということで★
[PR]
by catynot7 | 2006-11-19 12:07 | 憂う

かりあげエレジー

すみでいさんのタイでの床屋ネタを読んでいて思い出しました。

男の人にとって耳のわきの髪の長さは、
ここの長さで、見た目が優男か、怖い兄ちゃんか決定してしまう重要なポイント。

この微妙な長さなど完全に無視され
一気にバッサリ、耳の上の辺りで切られてしまうのが
私が住んでいた頃のタイの床屋でした。
しかも後ろのほうはカリアゲ。
それが当時、典型的なタイでの男性の髪型で
そうすると誰もが・・・・パーマのない楳図かずお(^^;

コレが嫌で、タイのローカル床屋へ行くのが怖くて
日系の床屋さんへ通う男性諸氏も多かったのです。

私も、息子が楳図かずおの「まことちゃん髪型」にされるのが嫌で
さりとて、たかが子どもの散髪にお値段高めの日系床屋へ連れて行く気にもなれず・・・。
一般的日本人男性の髪型(そんなんがあるんかい?)に慣れてる床屋を
人づてに教えてもらって息子を連れて通っていました。

その店では、評判どおり日本人の扱いに慣れており
息子はそれなりに耳のところに一定の髪の長さを残して切ってもらい、
カリアゲ君になることもなくサバイサバーイ(いい気分)。

しかし、そんなに忌み嫌ってた『タイ風カリアゲ』ですが
・・・実は私、以前カリアゲておりました。

あれは29歳のとき、とにかく短く『ベリーショート』というのにしたかった。
梓みちよのように・・(←辛い例え)

cat「ベリーショートくらいにして下さい」
髪がかなり長かったせいか、
一瞬、今で言うスタイリストのお兄さんがひいたような気が。

スタイリスト「えっ、いいんですか?(^^;」
C「ばっさりやっちゃってください!」
ス「わかりましたーー!!」
お兄さん、やけに嬉しそう。。。アーティストとしての血が騒いだのかしらん。

で、チョキチョキ切り進むうちに
「んー、ここのはえぎわがね~。ちょっと」・・・と、お兄さんの表情が曇る。
C「??」
ス「この辺が天然パーマが入っててクセがあるんですよねぇ。」
ほーーっ、初耳 (゜o゜)
そういえばその辺クルクルしてたわん。

ス「中途半端に短くすると、うねりが出てきれいじゃないんですよねー。」
かなり美にこだわるアーティストだったよう。。

ス「・・・かりあげちゃいけませんか?」

(か、か、かりあげー??(゜o゜;))

・・・と思ったものの、もうかなり短めに切ってたので
これも、カリアゲも同じようなもんだと思い (冷静に考えると全然違いますが・・(--;)
なんとなく覚悟ができてしまい、後は野となれ山となれ!
C「いいですよ。」e0005435_17531713.jpg
e0005435_17555796.jpg










見事にかりあげられた猫一匹のできあがり。。
うーーーっ、、うなじのへんが寒っ!!

翌日、友人達から
「いいじゃん!それなりに似合ってるよー!」と言われ(褒めとんかい?)
なぜか「ねぇ、触ってみてもいい?」
みんな、うなじの上のはえぎわを触りまくる、なでまくる。
気持ちいいんだそーで。
で、私もやってみたらけっこう気持ちよかった・・・(^^;
いがぐり坊主頭の状態が 『後頭部のみにある図』 をご想像ください。

さすがに、もうカリアゲにする元気はありませんが
物欲もなくなり、悟りが開けてきたら
目指せー!瀬戸内寂静!ヽ(^o^)丿

みなさまも瀬戸内寂静、もしくはブルース・ウィリス頭なんぞいかがでしょうか?
[PR]
by catynot7 | 2006-11-12 18:05
ごくごく内輪ネタ、アップさせていただきます。
巷では、『黒』ネタがじわじわと広まっておりますが、
それに便乗するわけではありません・・・ただの偶然です(必然かも!(^^;)
この話で喜びを分かち合える人がいるのか疑問ですが・・・>つっちぃさーん(・・;ダメ?
とにかく、遅ればせながら、自分のblogだから自己満足で行きますっ。

(スゥーーー←息を吸う音)
せーのっ

やったあーーーーーー!!!
黒田ぁぁぁーーーーー!残留決定!!

e0005435_21523884.jpgニュースに感激。
そして、記者会見のコメントに大感激!
男の中の男じゃん!!

TVをうるうる見つめながら思ったこと。
黒田ってこんなに男前だったかしらん。。。

いやー、すっきりと迷いの吹っ切れた、
精悍な、涼しげな顔つきでしたね。
わたし的には松坂より、桑田より、
いっちゃん男前にみえましたよ。
いい顔してた!
(まー、桑田がいい顔できなかったのは理解できますが・・・)


思わずカープファンのblogやサイトをネットサーフィン。
中でもインターネットスタジアムの掲示板のみんなのカキコに感激。
・・・少々抜粋すると

・やっぱり黒田は男ですわい!!
 これ以上選手を盗られたら堪りませんけぇのぉ・・・・
・黒田曰く 『他チームのユニフォームを着て、カープ相手に投げる姿を想像できなかった』
 男のロマン! ホンマにありがたいですのぉ!
・わしゃあ、ほんまうれしいで。
 カープが優勝すること以外で、こがあに感激したことはなかった
・来年は関西でもしっかり応援に行くけんね!!
・もちろん黒田以外の選手も皆頑張って来オフには美酒を皆で飲もうや。
・期待しとるけんね。ぶち楽しみに待っとるけんの。


この広島弁のオンパレード!!私にはわかりますが・・・(^^;
石川啄木の詠んだ一首に
「ふるさとのなまりなつかし 停車場の人ごみの中に そを聞きに行く」
というのがありますが、さしずめ
「ふるさとのなまりなつかし インターネットの掲示板の中に そを覗きに行く」
懐かしかったなぁ。
方言での書き込み見てると、ついつい感情移入しちゃいます。

書き込んだ一人「だつくんさん」のエピソードです↓

**********************************************************
昨日は仕事の合間をぬって(ホントか?),掲示板や中国新聞サイトを確認しながら,
『残留決定!!』の報を聞いた時は,本当に涙が込み上げて来て,
トイレに駆け込んでしまいました。
席に戻ると,上司から『置きっ放しの携帯が鳴っとったで。』と言われ,伝言再生して見ると,
『残留決まったヨ。ホンマ良かったネエ!!会社で泣かんのよ!!』
と言うカミさんからの涙声のメッセージでした。
(もうすでに泣いたっちゅうねん!!)

ウチに帰ると,玄関で次男と三男がハイタッチで出迎えてくれました。
部屋に入るとお肉のいい匂いが…。
『残留決定と,あの素晴らしいコメントに敬意を表して,
今日は奮発して"黒"和牛ステーキにしました!!
他に黒田つながりのメニューが思い浮かばんかったんじゃもん!!』とのカミさんからの発表。
家族5人で食卓を囲んで,ウェーブ3周した後,『黒田万歳!!』を合図に争う様にいただきました。(旨)
それぞれ仕事や部活で忙しく,最近では家族揃っての食事がなかなか取れない状況なのですが,昨晩ばかりは急いで帰って来たそうです。
(理由を聞くと,皆「黒田残留のニュースを見る為」でした。)

**********************************************************

なんて素敵な家族じゃありませんかーー。
焼肉を囲んで笑顔いっぱいの家族の風景が目にうかんできます。
奥さん素敵。 なんだか映画 『FIELD OF DREAMS』の奥さんみたい。

おしなべてみんなが書いてたのが、黒田の人間性のすばらしさ。
彼の記者会見のコメントに涙した人もかなりいたようで。。
ええねぇ~。
やっぱり、広島カープ&カープファンは最高じゃねぇ~♪
東京におるとなかなか試合が見に行かれんけど、
広島に帰ったら絶対応援に行くけぇね!!黒田バンザーイ!!

・・・今回は 『コメント 0(ゼロ)』 覚悟しとります。。。(ーー;)
[PR]
by catynot7 | 2006-11-07 21:58 | よしなしごと

天中殺・自転車!!!

自転車ネタはもうやめたいっ。
足を洗いたいっ・・・と真剣に考えていた一昨日の夜。
一本の電話が。
息子が通ってる塾の先生からでした。

「息子さんが自転車で横転して・・・頭も打ったみたいなんで来てもらえますか」

大急ぎで駆けつけると左手の手のひらをざっくり切って
肩と頭も打ったらしい。
あほー!あんぽんたん!
でも、独り相撲でよかったよ。

頭はあとから後遺症が出ると危ないと言われ
夜11時を過ぎていたので、即、救急窓口のある病院へ。
先に患者さんがいたのでしばらく待つことになりました。

頭部と肩は異常なかったものの、
左手がしこたま腫れて内出血もしてるので、
レントゲン撮ってくれるのかと思いきや
「整形が専門じゃないので、診てもはっきりしたことがいえない」
とのことで、翌日整形外科に行くように勧められる。
「まぁ、折れてたとしても1日ぐらい大丈夫です」なんて言われ。
おいおい、ホントか~い?そうなん、kazさんっ??
(と、いつものようにkazさんに絡む私(^^;)

結局、怪我の治療のみ施され、家に帰ったのは、深夜1時過ぎ。。

一夜明けた昨日、改めて件の病院へ行ったら・・・すんごい患者さんの数!!!
おそるべし、総合病院。 受付の時点でもう長蛇の列だよ~。
8時10分に行って受付したものの
整形は予約の人優先ということで、結局見てもらったのは正午すぎ。
レントゲンを撮って、もう少しかかるからお昼を食べて来いといわれ・・・
結局全部の診療が終わったのが2時半。
あーー、長い一日でした。。。

で、やっぱり骨折れてたし。。。(TT;)
左手親指の付け根近くの骨だった。調べたら基節骨というらしい。
勉強には支障ないものの完治に1ヶ月~3ヶ月かかるといわれ(ホントかい?)
ちょっと気が重い。
受験シーズン真っ最中の一番大事なときじゃん!!
e0005435_11333272.gif
【たれいらんさんのHPより www.geocities.co.jp/.../7907/kikou/over1.html】

でも不思議なもので、息子的には
追い込み期でピリピリしてた気持ちがちょっと収まったように見えた。
病院でいろんな患者さんを目にしたからか
家族が急に優しくなったからか??
それとも・・・あきらめたのか??(^^;)それだけは勘弁してぇ~!

不自由な身体になって初めてわかることも多々あって
袖口が狭くなってる服がとっても着脱しにくいとか
ボタンホールの大きさが微妙だったり、
ことあるごとに、不自由されてる人の気持ちに思いを馳せたりしてます。

病院では、整形外科だったからか足にギブスしたり
補助具つけたり、車椅子に乗ってはるひとの多いことにビックリ。
たまに生きのよさそうな、色黒のムキムキの若いお兄ちゃんも目にして
 『なんでこんなお兄ちゃんが?』
と思ったら、隣がスポーツ整形だった・・・納得 (^o^;)丿

普段よりも意識的にカルシュームたっぷりの料理を考える日々です。
カルシュームのサプリも用意!(焼け石に水?遅すぎ?(--;)

ともあれ、一日もはやく治りますように。
[PR]
by catynot7 | 2006-11-02 10:59