あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0005435_10553112.jpgお~、懐かしぃ~!の人も居るかもしれないし、
なんだそれ? の人もいらっしゃるでしょう。

アメリカにいた頃驚いたこと。 
それはおもちゃ売り場でのボードゲームの種類の多さです。
家族で楽しめるゲームがとっても多い。
加えて、質の高いゲームが多く子どもだけでなく大人もゲームに夢中。
そのあたり、お国柄でしょうか。

みんな知ってるようなポピュラーなゲームが数多くあり
なおかつ息が長いので、みんなそれで遊んだことがあるある!
・・・という共有意識をもつことができるんです。
例えて言えば、100人中90人が人生ゲームで遊んだことあるというようなノリ (^^;

そんな数あるゲームのなかで私と息子のお気に入りが
『 バトルシップゲーム 』
(世界中でロングセラーなので、日本でもまだ売ってると思います)

これも古いゲームなんですよね~。調べたらアルゼンチンで生まれたゲームのようで。
ネットで検索するとゲームソフトになってたり、オンラインゲームとしても遊べるようですが
うちにあるのはあくまでもアナログなテーブルゲーム。
二つのボードを付き合わせて2人で熱く戦うタイプです。

遊び方は・・・
お互い10マス×10マスのボードを2つ持っていて、
それぞれ自分のひとつのボードに同じ5種類の艦船を自陣に配備します。
相手にはどこに戦艦を配備したのかはわかりません。

もうひとつの空のボード(相手が戦艦を配備中の仮想ボード)に、
ピンポイントで座標軸を(Aの5とかDの8とか)攻撃していき、
相手の戦艦を狙い撃ちします。(見えないのがミソ)
攻撃したポイントを相手に伝え、相手も当たっていたら「Hit!」
当たっていなかったら「Miss」と正直に答えます。
これを交互にやって、先に艦隊がすべて撃沈したほうが負け。

一見単純そうですが、なかなかこれがクセモノ。
特に艦隊を配備する作戦のでき不出来により、勝負が分かれるところが面白い。
というのも持ち駒の戦艦が決まった大きさではないのです。
  戦艦(5マス分の大きさ)    1隻
  駆逐艦(4マス分の大きさ)  1隻
  巡洋艦(3マス分の大きさ)   2隻
  潜水艦(2マス分の大きさ)   1隻
と分かれており、潜水艦の置き方次第で相手を錯乱させるという戦略もあり!!
ゆえに
息子 「Aの10!」
cat  「う・・・・Hit」
息子 「おっしゃあ~!!!あと1隻!」
 とか、

息子 「Dの9」
cat 「へ、へ~~~ん。ミス・Miss・ミーーーーーッス!! \(^o^)/」 
息子 「えーーーー?どこに(戦艦)置いたん?? (T_T) 」


などなど、激しいやり取りが繰り広げられます (^^;

しかし、ゲームの醍醐味を言葉で伝えるのは難しい。。。
いくら将棋や碁が面白いったってねぇ、
こればっかりはやってみなくちゃわかんない。

今はやりの脳トレのゲームもいいですが、こんなゲームも楽しいもんです。
相手さえいればいつでもできる!
・・ってそれが一番困難なのかなぁ、今日日。
だからみんな孤独に画面を見つめるゲームばかりに走っちゃうのかも。

若者よ~!ボードゲームを目指せ★
[PR]
by catynot7 | 2006-08-30 11:06 | よしなしごと

体調不良

気持ち悪いのがずーっと続いています。。。
e0005435_11472970.jpg

吐き気を伴う疼痛っていうんでしょうか
体調、最悪です。
タイ語で言うと
รู้สึกอาเจียร (気持ち悪ぅ~)
คลื่นไส้ (吐きそう)
เหนื่อยเพลีย (だるぅ~)
 がピッタリ。

昨日はタイ人の留学生のJさんが東京に遊びに来ていたので
夜をご一緒したんですが
もう出かける前から、フラフラ状態。
せっかく遠路はるばる来られたんだからと
気合をいれて出かけました。
宴会中はなんとか持って楽しいひとときだったものの
ひとりになると、緊張の糸が切れて帰りの電車では立ってるのも辛かった。。

しかし、あの新宿の人の多さ。。。クレイジーすぎ!
気分の悪いのも手伝ってかなり辟易しました・・・田舎もんだから。

案の定、今朝からバタンキューで
本当は今日SさんとJさんと一緒にドライブする予定でしたが
朝の5時過ぎに急遽キャンセル。Sさん、Jさん、ごめんね。

しかし、この持病。何とかしてほしいっす。
慢性疲労症候群のひとってこんな感じなんだろうな~。

あぁ、はやく人間になりたい・・・じゃなくてはやくもとの体調に戻りたい。
(妖怪人間、ベム・ベラ・ベロ・・・好きだったなぁ)
[PR]
by catynot7 | 2006-08-26 11:57 | よしなしごと
e0005435_1737134.jpg
ご他聞もれず、私も高校野球の決勝戦を観てしまった。。。
昨日も、今日も。
昨日の延長引き分け試合には親子でかなり感動。
朝の6時半、うちで取ってない新聞を買いあさりにコンビニに走ったのは私です(^^;

二人のピッチャーの精神力に度肝をぬかれ
プロ野球より俄然面白い手に汗握る展開にコーフンしました。
こりゃWBC以来の感動だーーー!
言い古された表現ですが、本当にスポーツは筋書きのないドラマ。
人がひとつのことに懸命になっているひたむきな姿
それに感情移入して感動が生まれてくるんですね~。

昨日も今日も田中投手と斎藤投手の姿に釘付けに。
コワモテでいかにもバイタリティーありそうな田中投手と
どこからこのパワーが出てくるの?と思える、線が細めな斎藤投手

昨日今日と二人の投手を見比べて 「あれ?」
なんだか今日は、田中投手の顔がはれぼったく見える。。
疲れが残ってるような・・。
打たれた後もなんとなく苦虫を噛み潰したような表情が見え隠れ。
昨日は見られなかった表情です。
いっぽう、斎藤投手のほうはいつもと変わらずあくまでも冷静。
『あの』瞳がいつもより増して涼しげです。
ホームランを打たれた後も淡々と三振を決めていました。

最後の最後、なんと田中投手に打順が回り、斎藤は彼を打ちとめたら試合終了。
最高の演出場面に、こっちも身動きできない状態。
開いていた点差も4対3までに縮まっていて、田中は一発でると怖い存在。 
真っ向から挑む田中に対して斎藤も秘めた情熱で、一球入魂で望みます。
その中で、ちょっとはずして、またもや球速147キロを出した一球。
斎藤の気合の入った、田中に対する挑戦とも思えるボールでした。

結局、最後は田中が空振りしてゲームセット。
振り切った後「やられた」とばかりに天を仰ぎ苦笑いしていた田中。
でもその笑顔は清清しかったです。

どっちを応援というわけでもないものの
駒大苫小牧の眉毛がないのが怖かったのと (^^; 
&早実が西東京代表ということで、我が家はおのずと早実応援モード。
斎藤くんの澄んだ瞳にもノックアウト状態(爆)
タイのことわざにコン・ゲー・チョープ・キン・ヤー・オーン(年よりは若い草を食べたがる)
というのがあって、ちょっと胸が痛い。(爆)

試合の最中 「サイトー、ガンバレーーー―!!!!」を連呼。
三振を取るたびに 「おっしゃーーーーーーー!!!」
ピンチになると 「私がついてるっ!!」
優勝を決めたときにはウルウル泣いて・・・本当に忙しい一日(--; 

疲れ果てて、陳腐な表現しか思い浮かばないけれど
『感動をありがとう!』 
球魂に書きこみたかったものの
いまさらしゃしゃり出るのもなぁ~・・・と思い、ココで思いを大放出!!(←実はシャイ)

(文中一部敬称を略させていただきました★写真・asahi.comより)
[PR]
by catynot7 | 2006-08-21 18:15

シャカシャカかき氷

・・・・あづい。
あづすぎます・・・日本の夏。
なんだか湿気も激しくて、
晴れたり曇ったりの天気だったりすると、ほとんど洗濯物乾いてないよー。

こんな日はやっぱりアレです、アレ。
e0005435_9534793.gifかき氷!!

アメリカへ行く前、息子が小6のとき、彼はかき氷にはまってしまいました。
ある日作ってくれたかき氷を「うんまい、うんまい!サイコー」と褒めちぎったのが運のつき。
毎日作ってくれたのはいいものの、
絵入りお品書きを作って壁に張りまくるわ、見開きのメニュー表を作るわ・・・。
我が家のリビングは一時期 かき氷屋と化し・・・(--;
まー、盛り上がってる息子の気持ちをムゲにもできず。
家庭訪問の際、壁に貼られたお品書きを見て先生あっけにとられてました。

一時は氷みつも5、6種類そろえ、練乳は必須アイテム。
凝りに凝って蜜を注ぐシャワーヘッド状の容器まで購入。
当然、あの「波打つ海の上にひるがえる、赤いひと文字 氷」ののれんも飾ってました(笑)

昨日、親子でかき氷を作りながら「あんときゃすごかったねー」談に花を咲かせていたら
息子がやにわに「あのメニュー表どこにやったんだろ?」
ゴソゴソ探してみたら、あったーー、ありましたっ!

懐かしさ一杯で 開いてみると・・・かなり笑えた!
小6時の稚拙な筆跡で作った見開きのメニュー表。
表紙はきっちり型紙で、中は白い自由帳の紙を使い、かなり工夫の跡がみられます。
気になるかき氷の種類は
・いちご・メロン・レモン・みぞれ・オレンジ・宇治・カルピス・ぶどう・コーラ・スカイブルー・・・
おいおい、こんなに氷みつストックしてたっけ???
その中で、ひときわ目を引く一文。

『特製レモン(1日お一人様かぎり)』・・・意味不明(笑)

お値段は、みつの種類によって120円~200円。
なぜか土日料金が設定してあり なぜか100円~150円とお安くなってます。
タイのゴルフ場もこうだったらいいのになー(^^;

練乳も・・・・並盛・大盛・特盛・ミニ盛、と工夫が。。。ってうな丼かいっ?

笑えたのがその練乳のかけ方!
渦巻きがけ・星がけ・何重丸がけ ここまで笑いをこらえつつなんとか理解したものの
六角がけ・八角がけ←なんじゃこりゃーー??。。。想像するのが怖いよー。

しまいにゃ、ジグザグがけ・斜めがけ とかもあって
どれほどの大きさの丼に入ってるんかい?と突っ込みたくなりました。
上記バリエーションでのかけ方は無料なのに
「おこのみー(意味不明・「お好み」か?)」というかけ方になると、なんとプラス30円!
オプションプランになると急に金をせびる・・・えげつない店主です。

おいだきコース(味が薄くなってくる途中でみつを再び投入することらしい)も50円プラス。
と、ここでも姑息な店主だけど
泣かせるのがこの記載↓

・シルバー(60歳以上は30円引き)
・スモール(10歳以下は30円引き) 
うーん、子育ての苦労が報われた感じ。(笑

メニュー表の一番後ろには
「前売り券発売中!1回あたり30円引き」 (ーー;) 
おっっ、商才あるやん!
しかしこの前売り券企画、志半ばにして頓挫したんですねー。見たことないもん。

古いもんを捨てずにとってると楽しい~♪
これだけ引越しを繰り返してもなかなかモノを捨てられない性癖・・・
ときにはいいこともあるもんです。
[PR]
by catynot7 | 2006-08-19 09:56 | よしなしごと
e0005435_165416.gif突然ですが、運動してますか?
車の運転(含む後部座席)、エスカレーター、エレベーター
トゥクトゥク、シーロー、モーターサイ(爆)利用・・・

そんな日々ばかりじゃないでしょうね~??

その昔、初々しい新入社員だった頃
入社後の5月に、早速、体力テストなるものがありました。
労働組合もあり、この手のものにけっこう力入れてたんです。うちの会社。
(そういえば会社で運動会とかもしてたし・・・(^^;)

結果は ヘロヘロ。。
片手を壁に付けての片足屈伸運動でも今にも倒れそうなへっぴり腰で終始。
身体のコア(体幹部)がしっかりしてないので、腰くねくね状態。
部長に「妙に色っぽいなぁ~」なんてかまされてました。
(その当時セクハラなんて言葉さえなかった・・・(ーー;)

でも、皆さ~ん!
運動神経なんて鍛えりゃなんとかなるものです。
筋肉も根性で鍛えられるもの!
それを思い知ったのは子育て時代。
大体、子供を抱っこ(orおんぶ)して買い物しなけりゃならない
サバイバルな状況を経ると、女性はみんなたくましくなります。
(精神的にもしたたかに・・・って違うか)

しかし、そのたくましさも海外での生活であっけなく運動不足に。
タイへいた頃、車のない日は極力歩きorバスで奮闘していたものの
( BTSもMRTもなかったし・・)
タイ語力の向上とともに次第にモーターサイとかに乗るようになり(^^;
あっけなく歩くことに怠惰なタイ人に同化。
アメリカへいた頃は毎日車を運転し、完全な車依存生活。
ウォーキングを友人たちと励んでも、たかが週1日のみ。

帰国して「これじゃあかん!」とe0005435_16561240.gif
ほそぼそとジムで筋トレを続けてきました (ちょっとサボリ気味ですが)
その甲斐あってか、あのヘロヘロ女の私が今では腕立て伏せばっちり。
ダンベルもまかしときっ!まで成長。

もともと身体は柔らかいほうでしたが
さすがに子どもを生んでからは身体も硬直化。(><)
ブリッジ(えびぞり)して背中側の足元においたテニスラケットを拾い上げるという
中国雑技団並みの曲芸はできなくなりました。
とはいえ、努力の末、再び開脚してオヘソが床に付くまでに復活!

女性は高齢化(とくに閉経後)すると骨密度が低くなって骨折しやすいので、
そのためにも骨をささえる筋肉を増強しておいたほうがいいのです。
・・・などなど大義名分を胸にがんばって運動しております。

あ、女性だけやないですよ~。
もちろん男性も運動必須。 
一日一膳 もしくは 一日一運動。 
そのへんはDr.Kazがお詳しいかと(笑)

『メタボリックシンドローム』 かなり話題になってますが
男性諸氏も隠れ肥満にご用心★ご用心。
[PR]
by catynot7 | 2006-08-09 16:57 | よしなしごと

駄菓子礼賛!

夏休みということもあり、うちのすぐ隣の公園では
子ども達の嬌声が響き渡っております。
WCの影響からか、もっぱら遊びは「なんちゃってサッカー」。
ゴールも無いしね。
みんな、思い思いに遊んでおやつのお菓子を家で食べてるんかしらん?
私の小さい頃、お菓子といえば駄菓子屋さん。
近所や学校の近くに必ず駄菓子屋さんがありました。

お気に入りは ラムネ。 e0005435_1013754.jpg
子リスとウサギが座ってる絵のグッピーラムネが大好きでした。
ラムネは錠剤状になっていて、白のプレーン味が基本だけれど
中に赤(ストロベリー味)や緑(メロン味)とかまぎれてると
最後までとっておいて、大切に大切に食べたっけ。

あと、お金を払ってクジを引いて
そのクジに描いてある形のラムネをゲット!というのも楽しかったなぁ~。
そんなラムネはおおむねカラフルな色のセロハン紙で包まれ
きらびやかに輝いてて、子供心に「すごい景品」という感じだった。

このくじ引き系、駄菓子だけでなくおもちゃもあって、それが男の子に大人気。
グリコのおまけみたいなおもちゃが一杯入っている大きな箱。
それが、入っているおもちゃごとに点線で区切られてて
お金を払って点線で区切ってある区画を自分で選び、
そこを開いておもちゃをゲット!
何が入ってるかは開けてからのお楽しみ。
やっぱ、男の子って昔からバクチ好き・・。

大きい区画だからといってすごいのが入ってるとは限らず
小さい区画にけっこう掘り出し物が入ってたりするのが渋い!
で、それにほんろうされる男の子。
なんだか人生を暗示してるかも・・・(^^;

ほかにも大きな海苔のビンのような容器に入った「のしイカ」とか
量り売りのカレーせんべい(えびせんのカレー味みたいなヤツ)
顔を覆ってしまうくらいの大きさな丸いえびせんべい(絶対着色料使用!!)
小さなビニールの蓋付き容器に入ってたヨーグルト(味のクリーム??)
(冷蔵庫で保存しなくていいとは、これいかに)
などなど。。。懐かしい★

アイスクリームの部も捨て置けません。
もっぱら人気は爆弾アイス
まーるい白いゴムの容器にパンパンに入った
バニラだかなんだか解らないテイストのアイス。
先っちょがちょっと出ててそこをはさみでプッチュンと切って吸って食べてました。
(想像するとちょっと・・・アレですよね~。製作者の意図測りかねます。。)
真ん丸いアイスがだんだんとしぼんでいくのが哀しかった。
あのゴム+アイスの味のハーモニー♪
グルメになった今は・・・ちょっと食べれないかも (--;

ホームランバーも人気でした。
銀色の包み紙を厳かに剥いて食べ進み
棒に『あたり』と『はずれ』が書いてあるので、
棒の周りだけアイスを残し
リスキーな雰囲気にワクワクしながら
最後に一気になめて事の真相を探る・・・・うーん、ドキドキしたなぁ。

で、今日びの子ども達。
『買い食い』 といったら
やっぱりコンビ二やスーパーで列に並んで買って、
バーコードをピーッてしてもらってるんだろうなぁ。
・・・ちょっと寂しい。
[PR]
by catynot7 | 2006-08-03 10:18 | よしなしごと