あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タイ語クラス無事終了

e0005435_17395386.jpg
今日はタイネタ!というか、久々のタイ語ネタです。
真面目に展開するので揚げ足を取らないように!
・・・タイ語ネタだとコメント少ないだろうなぁ・・・
あ、いかんいかん!!(><)
不埒なblogerの影響を受けて、受け狙いに走ってしまいそう。
私は純粋なbloger、純粋な・・・(←自己暗示

去る7月の中旬、三田にあるタイ語学校の1タームが無事終了しました。
終わって嬉しいような、哀しいような。。。
仕事場からダイレクトに行って9時過ぎに帰ってたので
職場から早く帰れるのがなんとなく落ち着かない今日この頃。
駅を降りて近所の商店街を通って家路を急ぐと
こんなにもたくさんの人がこの時間帯に買い物してたんだなぁ~
ちょっとビックリです。

タイ人と日本人の二人の先生に習うというカリキュラムだったので
期末試験は2人の先生がおのおのきっちり作成。
ということで、ひえぇ~、2回も(!)ありました。

日本人の先生は教科書さえやっていればなんとかこなせるテストでしたが
タイ人の先生のほうは・・・
イディオムを使っての作文 20点
文章の虫食いの穴埋め 20点
そして、なんとなんと。
最後は「日本の命名」「日本の礼儀作法」のどちらかのテーマを選んでの作文。
↑60点配点!アイタ-ッ (><)
テキストの中に「タイの命名」「タイの礼儀作法」という章があったので
それを日本のケースに置き換えて書けという意図らしい・・・手強かった。。
勉強になりましたが、アチャーン(先生)ひねりすぎじゃ。。(TT)
解答用紙を何とか埋めたものの、かなり誤字脱字だらけだと思われ・・・(汗
頭の中で微妙な単語の末子音がクソ味噌になって(失礼!)自信がまったく無し。

この学校では、タイ語は入門→初級→中級→上級とクラスが分かれていて
試験で60パーセント以上得点できていれば上のクラスに上がれる仕組みで
上級を終えれば、めでたく卒業。
正科生ではなくなってしまうのです。

私は4月からのコースの前に面接を受け上級コースに入れたので、
今回もし試験がOKだったら無事卒業。 ・・・なんかあっけない (TT)
次はセミナークラスというのがあるらしい。
申し込むかどうか・・・逡巡中です(←って、すっかり受かる気でいる?)

生徒の中にはコツコツと入門からやっている人もいて頭が下がります。
でも・・・時間が許せるならやっぱりタイでタイ語を学ぶのが一番だと思います。
コストパフォーマンスや効率を考えると。
まぁ、みんなそれができないから日本で通ってるでしょうけど・・。
どうしても、読み書きは何とかできても会話がまったくダメと言う人が多い。
今回の上級だって、パンフによると『読み書きと会話を体得』とうたっていても
ほとんど会話練習は無かったし。
ワンステップ上のセミナークラスでは
時事問題を自由にタイ語でディスカッションするという触れ込みだけど・・・
多分絵に描いたモチになるかも (--;

うーん。。。この先どうやってタイ語を勉強していこう??
(自宅でコツコツは苦手なタイプなもんで・・・すみでいさんホント偉いなぁ~)
やっぱりマンツーマン?
それとも究極のタイ語留学?
後者を、切に切に望んでおります!!!
しかしねぇ~いつの話やら・・・(ため息)  ロングステイの前にやりたいなぁ~。
[PR]
by catynot7 | 2006-07-29 17:41

ウチのblogって

私がすねる女である・・・という性格を見事に看破して
blog評論家A社長からお褒めの言葉をいただきました。

A社長によると、どうもウチのカラーは小さな親切・行動・努力なんかに
スポットを当てているとのこと。
『ようするにcatさんが「よいものはよい。わるいものはわるい」
という性格から来ていると思われます。わかります?』

はい、わかります。(笑
しかし、この論評、見事に「ひらがな」ばっか。。。
まるで小さな子に諭すように・・・(ある意味大当たりかと)
Aシャチョー!私のIQに照準をあわせてくれてありがとーーーっ!

で、時はまさに昨日!タイミングよく(?)
またもや 『小さな親切・行動』 を遂行する場面に遭遇してしまった・・。

うちの最寄駅は急行も止まらないフツーの駅なんですが
住みやすさから結構人気の高い駅。人の乗降密度も非常に高い!
しかし、車庫が近いせいか
駅に隣接する踏切が開かずの踏み切り状態になることが多く
加えて駅舎の老朽化もあり、高架化の工事が長いこと続いております。

いまどき東口&西口から石の階段を下って地下へ降り、
切符を買ってまたプラットホームのある地上へあがる・・・という
昔ながらの構造です。(DTさんのような図解説明のスキルがあれば・・・くぅ~っ)

で、昨日。
友人に会うため駅へ急ぎ、西口のいつもの階段をおりようとしたら、
こぎれいな格好のおばあさん(80歳すぎぐらい?)が
折りたたみ式買い物カートをたたんで片手に持ち、
もう片方の手を手すりにかけ、一段一段階段を降りようとしていました。
おばあちゃん、腰がかなり曲がっていて私の腰骨の高さぐらいの身長です。
小さな身体なのにカートも持っているのでかなり大変!

「下まで、お持ちしますよ」とカートを持ってあげました。
「すみませんねぇ」と、顔をあげてホッとされた様子。
やっとこれで手すりに集中できると言った具合で
それでも一段一段ゆっくりと降りておられました。

下まで降りて「どちらのホームへあがられますか?」
「渋谷のほうへ」「私もです。じゃ、ホームまでご一緒しましょう」
(同じホームじゃなくても、しつこく一緒に上がるつもりだったりして・・・(^^;)
「切符はどうされますか?」と声を掛けるとパスネットを持っておられました。
私は切符を買い、一緒に上のホームへ。
また、ゆっくりと手すりを持って一段一段と上がっておられます。

「エレベーターとかエスカレーターがあれば便利なんですのにねぇ」と話しかけると
「10月頃につくって聞いたんですけどねぇ」とおばあさん。
上まで上がって階段の手すりを放す頃、
私が持っていた買い物カートを訴えるような目つきでチラっと見られました。
そっか!
カートの手すり+両足の三点で支えないと歩きにくいんだとピンときました。
カートを組み立てて手をかけたら、おばあさん、やっとにっこり 「ありがとう」

ホームでお別れしましたが、だんだんと東○急行に怒りが!
古い駅舎。高架化の工事が進んでるんかどーかは別にして
エスカレーターとかエレベーターいつになったらつくんじゃいオラー!
・・・っとDTさん入りそうになりました(--; (←朱に交われば赤くなるタイプ
e0005435_2224329.jpg

        リニューアル後の完成イメージ  by 東急・・・って早くしてくで~!
 
さて、電車の中で揺られながら
あのおばあちゃんだけじゃなくて、
他のお年寄りや足の不自由な人達にまで思いを馳せて
「あの、階段じゃぁ、苦労するよねぇ・・・大変だ~」

私も、一昨年息子とアメリカから帰国してこの駅に降り立ったとき
大きなトランクを抱え、息子もトランクを持ち
ひーこら言いながら親子で階段を下りたり上ったりしたっけ。
腕がもげそうだった。。。でもって誰も声をかけてくれなかった。。。
タイやアメリカでは声を掛けてくれるのに(4,5段の段差でさえ!)
冷てぇ日本人と思ったものです。

なんとかなかならないかなぁ~
駅員さんが階段の降り口にひとり立っていてくれれば。。
しばらくボランティアで「お助けマン」ってタスキをかけて立ってようかな~(^^;
・・・あれこれ考えてるうちに友人の待つ駅に着いたのでした。

当然、遅刻したけど、多めにみてくれた友に感謝★
[PR]
by catynot7 | 2006-07-23 22:37 | 憂う

Don't touch me!!

e0005435_221234.jpg
よっかかって来る男の撃退法、どなたか教えてくださいまし。
「よっかかる」・・・方言かもしれないので(方言だっちゅーの)
「寄りかかる」と書きなおさせていただきます。

つり革を手に立っていて、前の座席がポッカリ空くと誰しも思う
やったぁ、ラッキー♪♪
しかし、それは実はアンラッキーのプロローグ。

サバイサバーイ(楽チン)で座っていたら
電車の遠心力のせいか、はたまた狸寝入りか
だんだんカラダを預けてくる隣のヤカラ(←たいてい男性)の多いこと!!

最初はふわりと触れる感じ(この時点で既に嫌な予感が・・・)
それからどんどんとエスカレート。
酒臭かったり、口臭かったりすると、んもぅ最悪。
かといってもう一度立つ勇気と体力はなし。(席譲るときは別ね★)

不思議なもので駅に止まったり、ある一定数船をこいだら
彼らはハッと我に返るのに、その後また夢の中へ。。。
これを繰り返すほど舟こぎはいっそう激しさを増していくんですよねぇ~ハァ・・・。
で、なぜか向こう側に舟をこがない。
なんでぇ~~(><)

こちらとしても 「起きてぐでーーーー!」 と念じながら
カラダをちょいとひねったり、本のページをめくるとき肘でドついたり(^^;
姿勢を直す素振りで対応。
さすがに、相手もハッと我に返り
『おっと、ひょっとして隣に寄りかかってたかなぁ・・・?』
なんて心の中で感じているのかいないのか
とりあえず姿勢を正すものの、しばらくすると、またどんぶらこっこのはじまり、はじまり~。
このエンドレスな繰り返し・・・もうメビウスの輪状態。
・・・所詮、対処療法なのよね。 あぁむなしい。

とはいえ、私も爆睡し(泥酔じゃありませんよーー!)
隣の方によりかかってたこと、あります。
それも一度ならず、二度、三度・・(--;

相手が女性のときは、冷たく体を動かして不快感を露わにされたけど
相手が男性のときは、相手もなされるがままだったような・・・(^^;
そのときの隣の男性、船漕ぎから我に帰ってチラッと横目でみると
きちんとしたビジネスマンであること多し。(←けっこうイケメン・汗

私、舟こぐときひょっとして人を選んでるのかも・・・。
[PR]
by catynot7 | 2006-07-21 22:07

God bless girls!

e0005435_17381848.jpg

                  黄色い傘の少女 byいわさきちひろ

カレンダーを見ると・・・ひえぇ~15日!ヽ(ToT)/

1週間に1回の更新というノルマ(ノルマって・・・一体(--;)
それを果たすためも更新しなきゃっ!
と思いつつ、仕事が終わって家事をすませると
ヘロヘロで筆がすすまない・・・。
そんなとき、世間にプチ更新というものがあると知りました。
ラッキー♪
たいそうなことじゃなくてもプチで行けばいいんだ!
まぁ、blogなんて自己満足の世界ですから。
たかが、日々の思いのたけやできごとを綴ってナンボの世界じゃない。

・・・だったら更新のプレッシャーなんて感じなきゃいいのに
いろいろ外野がうるさくて・・・(--; 
プレッシャーです。。 励まされてます。

で、昨日のできごと。
メチャメチャ暑かった、仕事もオフの昨日の夕方
蒸し暑さも最高点に達し、なにやらドンヨリした空模様になってきました。
こりゃあ、一雨来るぞぉ~っとあせってチャリをこいで買い物へ。

帰りは案の定、雨粒がポツポツと落ちてきました。
そんな中、ガ~ッとひたすら大腿四頭筋を駆使し
チャリをこいで家路を急ぐ私 (><)、

ふと前方に可愛い小学1年生くらいの女の子が2人
木綿のワンピースを着て、黄色い小さな傘をさして並んで歩いて来ました。
幅のない歩道だったので、すぐに歩道から降りて車道の向こう側へ渡り
遠めにその子たちの横を通り過ぎようとしたら
なぜかその子達、私を視線で追ってる???
(・・・私、なんか不審な行動したのぉ~?)
痛い視線を感じて、その女の子達をチラッとみたら、
目が合った途端2人ともニコッと笑い声をそろえて
「こんにちわ~♪」
可愛い声で、向こう側に渡った私に
道路越しで挨拶してくれるじゃあーーーりませんか!!

単純です。
単細胞っていわれてもいい。
雨模様のお天気とは反対に一気に心が晴れバレ~♪
「こんにちわ~♪」と、もちろんボリューム倍返しの大声で返事。
うれしいーーーっ!!!
嬉しくて勢いづいて、チャリをこぐ大腿四頭筋もパワーアップ!
メチャクチャ早く家に着いたのでした f(^^;

世知辛い事件ばかりで、誰も彼もペシミストになりがちですが
ほわんとした喜びが人を活性化させるんだなぁ~
やっぱり愛がなくちゃね (^。^)
[PR]
by catynot7 | 2006-07-15 17:41 | よしなしごと

1年経つと・・・

はぁ~、7月の声を聞いたと思ったらもう七夕さん!
最近blogを書くのが億劫になってきました。
新たなるblogerの参入が続き(ってひとりだけ?)
自分の文章の稚拙さを今さらながら認識することに。。。(--;
blog書くのは億劫なのにコメント書くのは苦じゃないのはこれいかに?
やっぱ、ひとが出したお題に乗っかるのは楽ちんなんですね~。
まるで『笑点』の世界 (ぱっぱかすちゃらか、んっぱっぱ~♪)
なんて、つべこべ言ってる場合じゃありません。さー更新更新。

アメリカから帰ってきてはや1年2ヶ月経とうとしています。
改めて人間ってどんな環境でも順応できるんだなぁ~と実感。
このblogも最初のほうは日本に帰ってからのカルチュアーショックで
怒った記事ばかり書いて、A社長にたしなめられたものですが(^^;
そういう自分もその中のone of themになりそうな今日この頃です。
・・・とはいえ、あのラッシュアワーの身体密着状態だけはガマンできましぇん。

帰国して1ヶ月後(つまり今から1年前)アメリカの友人に書いたメールを読み返してみたら
「信じられない!CRAZYだ!みんなどうかしてる!」の乱発。。(自分のこと棚にあげてねぇ)
例えば
1.近所は電信柱と歩行者と自転車に乗ってる人がいっぱいで怖くて運転できない
2.道路に駐停車してる車は道路が狭いのでサイドミラーをわざわざ折りたたんでる!!
3.エスカレーターは片側を歩いて追い越していく人用にあけておかなければない
4.駅の階段には登る方向と降りる方向を示す矢印がプリントしてある
5.人にぶつかっても謝らない・・・・etc


よくぞこんなことに驚いていたなぁ~なんて読み返した今では思うけど
当時は本当に驚き&失望の連発でした。
たった1年日本を離れてアメリカへ居ただけでこんなに不適応症候群がでてしまったんじゃ
最初の予定通り、4年も居た日にゃ永住決めてたかも・・・家も広かったし (笑
ここでこうしてblogなんて書いてなかったよねぇ~。

でも実は不適応症候群はタイから帰ったときのほうがひどかったんです。
みんなから先祖はタイ人だったんじゃないかといわれるほどタイへ帰りたかった。
それが、アメリカから帰国後にタイへ行ったとき
そんな気持ちがちょっと変わってました。
訪れるにはいいけれど、住むのはかなりストレスフルな世界じゃないかって。。
(ご飯の面ではストレスなし!なんといってもお米を食べる国だもん)

でもねぇ、なんやかんや言ってても
じわじわじわ~っとタイへ行きたくてたまらないんです。
ヨーロッパより、ビンタンより、台湾よりタイ!(←他意はありません 
新空港ができる前にいけるだろーか・・・(--;
[PR]
by catynot7 | 2006-07-06 23:12