あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんがり焼けて

一生の幕引きをスパットに託した
ゲンゴロウブナのゲンちゃん。そこそこ大きく30センチはあります。

これを食べることにみんな後ろ向きでかなりビビりまくり・・・。
とはいえ、このひと ↓
ス 「みんなで食おう!食おう!」
喜びを分かち合いたい精神全開ではしゃいでるスパット
彼の気持ちを裏切るわけにはいかず
釣ってお陀仏になった魚を捨てるほうが成仏できないかもしれない
食べられてこそ浮かぶ瀬もあれ・・・(ーー;
ということで、とりあえず調理することに!!

しかし、こんな泥臭い魚をどこで調理するのぉ??
は~い★えさを仕込むため用の炊事場があったんですね。なんて便利な動物園。
しかし、ゲンちゃん、
でかすぎて(厚みも結構あり)ふつうのガスコンロのグリルに入らない。
っつーか、入れるのもはばかれるほど泥臭いし・・・。

そこはそれ、DIYなら任せて!というハンディーマンな人達、飼育係。
どこからかコンクリのブロックを持ってきて、焼き網を載せ
あっという間にコンロの上にカマドをこしらえてしまった。
焼き魚には不可欠の 『遠火の強火』 のセオリーにのっとったカマドに感動!
うーん、結婚するなら飼育係だったな・・・・とひそかに後悔する私。

スパットはうろこを器用にとり、
お腹も出さずにそのまま焼こうとする
cat 「内臓ださないの?」
 ス 「マイペンラーイ♪(平気、平気)」
・・・内臓って一番有害物質の蓄積が多いんちゃうのん?
園の池→きちゃむい→ばい菌うようよ→有害物質うようよ
どんどん不安がつのっていくのでした。。。

カマドの前に陣取りメラメラと燃える炎の熱さをものともせず
(・・・そりゃそーだ亜熱帯のひとだもん)
ひたすらじっくりゲンちゃんを焼いているスパット。
独壇場です。
私達はひたすらお腹部分のやけ具合が気になってたりして・・・(T_T)

e0005435_0142631.jpgさぁ、できたぁ~♪
 ス 「ナムチム(つけダレ)がないとね!」
ということで、小皿に 『醤油+唐辛子どっちゃり』 という
世にも恐ろしいナムチムがテーブルに用意されました。
 ス 「さあ、食おう!食おう!」 ←あんた、そればっか。。
みんな意を決して箸を握り締め おそるおそるパクリ。 
・・・私もパクリ。
うぅーん!!泥臭い(汗

やっぱりあんまり美味しくない・・・
というか、美味しい白身魚を日々食べてるからか正直いってマズイ。
一方、パクパクと美味しそうにナムチムを付けて食べるスパット。
食べながらみんなにも勧める勧める。
 『俺の採った獲物、さぁ食え食え』 状態。
まずいけど、本音をいえない哀しい日本人のサガ。
 一同 「アローイ!」(美味しい!) (=_=) 
・・・激辛ナムチムをつけ、舌の感覚を麻痺させて食べました。
もちろん、おなか周辺部をあくまでも避け。。

しかし、例のヤサ男飼育係Dさん、ほとんど箸をつけてないじゃん!!
ふぅーんだ!
死なばもろともって言葉を知らないねっ (`^´)
その日を境に私の中でDさんの評価が地に落ちたのでした。

・・・ということで、みなさまの予想を裏切り結局焼いて食べてしまったが正解です
ぽてちさん、おめでとうございます!(笑
オチがないというのは大団円に終わったということで。
あらくん、深読みしすぎよん♪
あしからず~(^_-)-☆
[PR]
by catynot7 | 2006-06-30 00:19

ハムレットの心境

スワン号へ乗って沖へでた3人。
あっちが釣れそう、こっちがよさそげ。。。など言いながらこぎまくりです。
休園日だから湖上はガラガラ、好きなところへ面舵いっぱ~い♪

しかしどうみても、清い・美しいとはいえない水質に一抹の不安が。。。
釣れたらどうするんやろ・・・

スパットは常々
「宿で出る食事がまずくってたまらん!」
とぼやいておりました。
宿で朝と晩に出る食事がかなりお気に召さないらしい。
おまけに園で食べるのはお決まりの工場弁当。

私は、このお弁当けっこう気に入ってましたが、
ス 「味がインパクトに欠ける!」(←要は辛くないってことなんよね(^^;)
とのたもうて、飼育係のスタッフが用意した粉唐辛子をかけるかける。
真っ赤ッ赤になるくらいふりかけて食べておりました。
さすが東北スリン出身です。 辛さに妥協を許さない。
だから昼食時、テーブルの上はソース・醤油・唐辛子の三種の神器が常に鎮座。

ス 「魚が釣れたら、トム・ヤム(タイ風激辛スープ)にして食べたらうまいだろうなぁ~!」
なんて恐ろしい野望をつぶやいていたけど、
聞かないふり、聞こえないふり・・・通訳しなかった(--;

さて、湖上ではなかなか釣れない獲物に業をにやすこともなく
ただひたすら釣り糸をたれるスパット。
やっぱ、つりはジャイ・ローン(せっかち)じゃ無理だと納得。
いらちな人にはできませんワ。 

なかなか釣果がないので、
ミミズを掘り起こしミミズ付け要員として乗船してたマメなCさん
途中でスワン号を下船。
なんだか得たいの知れない団子状の練り餌をたーんとこさえて再び乗船。
意気込みが感じられます。
あれは何で作ったんだろ~?・・・レシピ聞いとけばよかった(^^;

そうこうしているうちに、アタリがあったようで
おっっ!!と思って釣り糸を手繰り寄せるとエサが消失・・というのが数回あり!
少なくとも何かは生息していることが判明。
・・・あぁ、コワいような待ち遠しいような(--;

ス&C 「おっ、きたきたきたぁ~!」けっこう大きなアタリ来襲!
手繰り寄せると黒い物体がピシャピシャッと勢いよく跳ねてます。
かなり大きくて、柄の無い釣り糸だけではかなり苦しい!
Cさん、すかさず網で下からすくってスパットをヘ~ゥプ!

e0005435_1544346.jpgぎゃーーーーっ、とうとう!釣れてしまった!
体長30センチくらいはあるでかい魚。
Cさん 「これ、フナだよ!立派なフナだなぁ~」
フナ?
フナっていえば高校のとき生物の実験で解剖したことがあったような。。。
浮き袋を初めてみてビックリしたのを思い出しました。


しかし、恐れていた瞬間がやってきてしまったッ!!どないするん、コレ?
スパットははしゃぎまくってます。
ス 「食おう!食おう!!」
彼の頭の中には『キャッチ&リリースの精神』など微塵もありません。

早速スワン号をはしけにつけて飼育係の面々に報告。
飼育係A 「おっ、釣れたんじゃん!へぇ~、すごいでかいのが釣れたなぁ」
飼育係B 「これはゲンゴロウブナだな」 
cat 「(えーいっ、ままよっ!)スパットが食べようって言ってますケド・・・」
一同 「えぇーーーーーー!!!!」 (@_@;)
飼育係D (←メンバーの中で一番感性の豊かそうなヤサ男)
「食えるけど、まずいよ、コレ。それにあの池でしょ?かなり泥臭そう」
っていうか、一番食べたくなさそう。。

ウィキペディアにもそうありました。
加えてゲンゴロウブナは淡水魚の中でも水質汚染に強い魚だそうで (やっぱりね(+_+)
汚れに耐えながらすくすく育ったフナ、そのけなげな一生を台無しにしてしまった・・・。
ごめんね~、ゲンちゃん (←即座に命名)

さぁ、ゲンちゃんはこの先どのようになってしまうのか!

続く。。。。

(はぁ~、次回で〆よぉっと。 あ、オチはありませんからねっ!←予防線(^^;)
[PR]
by catynot7 | 2006-06-24 16:07 | タイ

鬼の居ぬ間の休園日

続く。。といいつつ続かへん。。。もうこの話は終わりなんやろか~
とお思いの皆さま!お待たせしましたm(__)m。

筆が進まないのは○年期なんでは?というDr.Kからの胸ドキッ発言も・・(><;
親父さまの暖かい励ましもいただき、一念発起!
なんとか続きもんに着手しました(^^;
言い訳をいわせてもらえば、
仕事と家事とPTA行事(なぜか役員)の3本立てでヘトヘトだったもんで。
おまけに体力の回復がだんだん遅くなってきている事実。あぁ~、泣きたいっ。
サプリ飲みながらの毎日です。

で、スパット。
ある月曜日、来園のお客さんがいないのに気づいて
ス 「今日なんでお客さんいないの?」
cat 「ここの動物園は月曜日は休園日なの。だからお客さんいないのよ」
ス 「じゃあ、あのオトコもいないのか?」

あのオトコとは!そう、園長。
完璧に事務方の長。
スパットも私も微妙に園長と現場の意見のすれ違いをなんとな~く感じていました。
ま、どこにでも現場を知らない上司の命令系統にカチンとくるスタッフの図はあるわけで。

園長のスタンス 「1日でも早く、象を公開しないと私の沽券に関わる!!」
現場の飼育係スタッフ 「んなの、わかっとるわい!こっちだって身体張ってやってんだから」

別に園長を袖にしてるわけじゃないんですが
入ろうと思ったらゾウ舎に鍵がかかってたり。(安全上中からよく鍵をかけていた)
何かに付けて疎外感を感じるのか、園長さん食って掛かることが多かった。
鍵かかってたときなんか
園長 「おいっ!!私を入れないつもりかぁ!どういう了見なんだーーーっ!」
なんてドアの向こうで怒りまくってたし。。(--;
あんときゃスパットも私も目が点でした。
しかし動物園と関係ない部外者がいるのに、あんなにキレル人も珍しい。

で、なんとなくスパットも園長はプー・ジャガーン(マネージャー)と認識していたので
事務方がみんな休む月曜日!
うひゃ~こりゃパラダイス★と思ったのかどうか定かはありませんが
こんなことを言い出した。

ス 「オレ、釣りしたい」
cat 「へっ? つ、釣りぃ??ど、どこで??」
ス 「おっきな池があるじゃん」
げーーーーーーーーっ、あ、あそこ?

皆さんご存知のように、ほとんどの動物園にはたいてい池があります。
おしなべてはしけがあって、白鳥型の足こぎボートなんかあったりして(30分1000円とかね)
・・・そこで釣りぃ??
水、めっちゃ、汚いんですけど。
水質悪し!!清流とは程遠いぞ。

cat 「でも、水汚いよ~?透明じゃないし」
ス 「この前魚が泳いでるの見つけた」
cat 「・・・(そりゃ、鯉だって)」
ス 「あれを釣り上げたいなぁ~」

cat 「あのぉ~、スパットが昼間ここの池で釣りしたいって言ってますケド」
飼育係A 「えぇ~っ?あそこで~??」
飼育係B 「汚ねぇぞ」 
cat 「・・・コックリ(うんうん)」
飼育係C 「水よどんでるし」
cat 「・・・コックリ(うんうん)」
飼育係D 「鯉以外に何がいるかなぁ~、ブラックバスか?」
飼育係A 「フナやどじょう、なまずとか居そうだなぁ」 →水質の悪さ決定♪

しかし、無茶苦茶や!とんでもない!という展開になると思いきや
飼育係C 「そういや針あったよなぁ~、テグスは?」
飼育係B 「あぁ、テグスもあるぞ。柄が無くてもいいんかなぁ」
腐っても飼育係。 自然に親しむアクティビティは大好きのようで。
あれよあれよという間に話がすすみ
面白がっちゃって、いそいそといろいろ準備してくれるんです(TT)
こ、こんなはずでは。。

飼育係A 「catさんもする?」
cat 「い、いいえ。 私は・・・見てます」
で、炊事場へ直行。パンの切れ端を山のように分けてもらいました。
さすが動物園、餌には事欠きません。  

バケツ&釣り道具をもってルンルンで池に向かうスパットと
後をついていく不安げな表情の私。 好対照です。
さ~て池に到着!うーん、汚い(笑
とはいえ、水面を渡る風は気持ちよく緑もきれい!
こんなんもありかなぁ~ってなんとなくウキウキ。
ス 「タイでもよく釣りをしてたんだ」
はしけで釣り糸をたれるスパットと、そばでパンをちぎってひたすら撒き餌をする私(^^;

そうこうしてたら飼育係のCさんが嬉しそうな顔つきでバケツを持ってやってきた。
 「おーい、これ使ったら~?」
バケツの中を覗くとなにやらモゾモゾ。。
み・み・ず!
掘りたてでした・・・Cさん「これ餌にいいんだぞ~」
しかし、ワイルドなスパットなのに、気持ち悪がってなぜかミミズを針に付けられない(爆
あんた、スリンで釣りやってたんちゃうのん??

野生の象を恐れずビシバシ調教するスパット・・・ ミミズがダメとは。

e0005435_223386.jpgCさん 「で、釣果は?」
cat 「まだ一匹も・・・」
Cさん 「ここじゃダメかもよ。沖のほうへいってみたら?」
沖のほうって・・・ここ池なんだけど。
ということで、急遽 白鳥足こぎボートに3人乗って
(Cさんはミミズ付け要員として乗船)
沖で釣り糸をたれることになりました!

続く。。。
(はぁ~DTさん並みに長くなってしまった。今度はいつ??っていじめないでねん。 
 できるかぎり頑張りますっ(--;
[PR]
by catynot7 | 2006-06-22 22:24 | タイ

飼育係予備軍

調教する象の名前はサバ。 
なんでもマレーシアのサバ州で保護されたからだそう。
サバはアジア象で年齢3歳のメス象。
(現在は、市民から公募して「フク」に。フクちゃんとよばれてます)

飼育係のスタッフの願いは「はやくサバを調教して市民に公開したい」
上からのプレッシャーがかなりかかっているようでした・・・(^^;
ま、市の予算で買ったはいいがまったく姿を見せずじゃ
市立動物園としても立つ瀬がないんでしょう。

だから私に「今日は何をやるのかスパットに聞いて」とせかすせかす。
朝から臨戦態勢ばっちり!!
調教のノウハウをモノにするぞ!とモチベーションも高い。
いっぽうスパットの言い分は
「象だって暑いときは動きたくない
暑いときに教えたって象もあんまり覚えないよ」

ということで、絶対昼間は調教しようとしない。
「朝と夕方、涼しいうちに調教すれば十分」だって。

んじゃ、昼間何するのかと思うと
・・・昼寝しちゃうわけですよ(^^;
象舎のコンクリの上で (冷たくてサバーイサバーイ?)
ゴロンとなっていつのまにか寝てる・・・さすがタイ人。

どんなに「みんなが急いでる」とか「早く象を公開したいから」といっても
けっして象のペースをくずそうとしない。 てか自分のペースか?
しかし・・・彼に昼寝されると通訳の私もすることがなくなっちゃう。
今思うに、一緒に昼寝すればよかったかなぁ。。(ーー;

スパットは昼寝中でスヤスヤ寝ていても、
他の飼育係のスタッフは、餌の準備、餌やり、糞の処理などなどやることはてんこ盛り。
いつしか私も手持ち無沙汰なんで、餌の下ごしらえを手伝うことに・・・(笑

最初 「手伝いますよ~」 と言ったとき
「いやぁcatさんには、この仕事で来てもらってるわけじゃないから」
といいつつ、 本心は助かるなぁ~っと思われたみたいで
以来断られること無く餌作りに従事 (笑 
りんごやサトウキビをサバが鼻でつかみ易いように適当な大きさに切ったり、
さつま芋を蒸して裏ごししてお団子状にし、中になんと肝油を入れたり。
まるで粘土遊び・・・けっこう面白かった!

肝油は動物医でもあるスタッフのアイデア。
栄養バランスを考えて、とにかく「早く大きくな~れ」。
たかが象といってもいいもん食べてるな~っと思いましたよ。
サトウキビなんてネットで検索して沖縄の業者から調達。
結構値段がはるんですよねぇ。でもスパットも時々食べてたなぁ。。(^^;
葦の葉は、スタッフが軽トラックで川辺に採りにいってました。

そのうち餌作りだけでなく、
サバがウンチしたときもしっかり箒とちりとりを持ってダッシュ。
回収して体重計でスタッフと重さを量ります。
3歳とはいえ、1回のウンチの量は2~3kg!!羨ましい・・・(?

そんなこんなで毎日過ごしていたところ
動物園が休園日となる、ある月曜日の朝、
スパットがとんでもないことを言い出したのです!

続く。。。(う~ん、か・い・か・ん♪
・・・って今度もコメント、ワールドカップ絡みだったら泣くゾ
[PR]
by catynot7 | 2006-06-13 20:45

象使いと私

以前、縁あって私が地方の動物園の象舎で
タイから来た象使いの通訳をしていたことをここに書きました。
彼にまつわる面白いエピソードがあるので紹介していきます。
・・・ってあれからもう半年以上たってるんですけど・・・(^^;
マイペース更新ここにあり! (って開き直ってどーする)
今、内うちで流行っている 『続きもの』 でまいります。
安易かしらん。でも助かるんだもーん(笑

ではでは、ちょっとかいつまんでことの成り行きをば・・・。

3年と4ヶ月暮らしたタイから帰国して落ち着いてきたものの
何か自分がお手伝いできるNPOorNGOは無いものかと手探りの毎日。
とはいえ、地方の一都市にこれといった情報は無く
なんとか外国人をサポートするグループの活動を知り、ミーティングに参加しました。
そこで知り合ったのが市役所の窓口でポルトガル語を操りながら
外国人居住者をサポートしていたTさん。

ある日そのTさんから電話が来ました
市立動物園で象を購入したんだけれど
調教済みと聞いていた象が、野生児(?)のカタマリで飼育係が手を焼いている。
間に入った業者がタイのスリンから急遽象使いを呼んだものの、
英語がまったく通じず苦労している (だよね・・・)
タイ語を話せる人を探してるから来てくれないか?とのこと。

市役所へ出向き、観光課で担当者から話を伺って
俄然お手伝いしたい!という気持ちがメラメラと。
しかし、ボランティアでという市側(観光課)のスタンスに
山奥の動物園に車を運転して時間をかけて通うのに、労災のサポートもなしで都合よすぎる!
とダンナが激高。 紹介してくれたTさんも激高・・・そりゃそうかも(--;
それでは、と市の提示する最低賃金での臨時嘱託職員となったのでした。

仕事の初日。愛車のパジェロミニで野を越え山超えなんとか動物園に到着!
さっそく動物園の象舎へ案内される。象舎は4人体制の男所帯。 
みんな動物好きの、いい意味でのオタク達のメンバーでした。

早速、スリンから来たタイの象使いを紹介してもらいました。
彼の名はスパット。 年の功22歳(若いっ!)
そして、風貌はトムヤムクン&マッハのトニー・ジャー似。(ヒュウ~♪)
(そういや、彼もスリン出身らしい。
もっと早くトニーがメジャーになってたらここで大喜びしてたワ)

さぁ~て、今日からガンガン通訳するぞぉ!
とはりきっていたら、彼は象に対してタイ語とは思えない特別な言葉を使っていました。
スパットによると「パーサーチャーン(象語)」とのこと。。へぇ~!知らなんだ。

筆記用具とノートを片手にこれから約1ヶ月間の動物園生活の始まり始まり~♪
さてさて、どうなることやら・・・。

〔 続く。。←一度使ってみたかった~(^^; 〕
[PR]
by catynot7 | 2006-06-11 10:31

すべての座席が優先席

仕事帰りに電車に乗ってタイ語学校のある田町まで行ってます。
18時過ぎというと、電車の中は横浜から乗り込んでいる乗客でけっこう込んでいる。
とはいえ品川とか鶴見で、人の出入りが激しく
つり革の前の席がポッカリ空く事もしばしば。
ちょうどその日もタイミングよく私の前の席がポッカリ空いた。

さ~てと♪と、腰を下ろしてテキストを開き、今日習う課のところを読もうとして
ふと、つり革の斜め前に立っていた(さっき私の隣に立っていた)女性に目が・・・。
そして、女性のお腹がポッコリ出てるのに気がついた。

中年女性だったら見過ごすところだけど(人のことはいえません・・・ハイ)
彼女は妙齢の女性。お腹の出具合から妊娠6ヶ月くらい・・・と見た。
でもジーンズ&ジージャンというラフな格好だったので
立っているときは全然気がつかなかった。

思わず席を立って「座ってください」と言いながら
アイコンタクトでお腹の辺りを見て席を促したら
「次の駅ですからいいんです。有難うございます」と笑顔で固辞。
でもねぇ~。。。やり場も無く座ったけど次の一駅までがとてつもなく長~く感じた。
ちょっとでも揺れがひどいと、思わず女性の方をちらちら見たり。。。
つりかわのたわみ具合を見ては「しんどいんじゃないかなぁ~」とか。
彼女の履いてる靴の高さをチェックしたり・・・もう姑状態です、ホント(^^;
やっと(と、感じた)次の駅に着き、お互い会釈しあって、彼女は人ごみの中に消えていった。

で、なーんとなく少子化問題に思いを馳せた。
いくら育児休暇制度が整ってきたとはいえ
こんなに込んでる電車に乗りながらつわりの時期を乗り越えなきゃならない。
周囲が優しけりゃいいですよ?
でも、今も誰も彼女のお腹の事なんか気づきゃしない。
彼女の周囲で座ってたのはほとんど疲れたご様子のサラリーマン。
おしなべて本を読んでたり、眠ってたり。・・・気づかないよね、やっぱり。

みんな周囲に無関心(・・・を装ってる??
それでいて携帯が鳴ったり、話してる人がいたりすると耳がダンボになって
話してる人をチラチラ冷たいまなざしで見てるし。。。

アメリカから帰ってきて、エレベーターや電車の乗り降り、
席の譲り合いとかで日本はホントに冷たい男性が多いなぁ~っ と思う。
レディーファーストが徹底してたから、彼の国では居心地良かった・・・(--;
ま、いたって元気な私はレディ(←断言)ラストでもいいですよ。
でも、弱い人お年寄り&子ども&妊婦さんにはもっともっと優しい社会であって欲しい。

タイ語が終わった後の帰りも、地獄のように込む一区間がある。
電車乗り換え駅での乗降口の列の長さで
『あぁ、こんなに大勢の人が乗れるのぉ~??』
とため息をつきたくなるくらいスゴイ。

ふと隣の乗降口の列を見ると、腰の曲がったおばあちゃんが一人。
これからさき電車到着と同時に「ムギュ~ッ」と後ろから詰め込まれる状態を思うと
「おばあちゃん、大丈夫??」と気が気でならなかった。
本当は、そっちの列に行っておばあちゃんを体でガードしてあげたいくらい。
でも、それやると列に割り込みでヒンシュクかなぁ・・・と思い、やむなく諦めた。
・・・あのおばあちゃん、無事に家に帰れたかなぁ。入っていけばよかった。

こんなことばかり考えてるから、白髪が増えるンやろね(汗

PS・・・
あくまでも個人的な見解ですが・・・席譲るン目撃したのは関西の方が多かった!
関東人どないしたん??あかんやんっ!!
↑反論ある人から、ガンガン意見されそう~(^^;
[PR]
by catynot7 | 2006-06-07 12:55

カーソルの謎(なぞ)

e0005435_1012377.jpg
すみでいさんの『毎日がネタ探し・・・』で話題になっている
「晴れた日は珍寺めぐり」シリーズ。
茨城県の牛久大仏の大きさにおったまげました。
日本にあんなに大きな仏さまがいらっしゃったなんて!

で、興味深く読み進んでいくうちに激しいものを発見。
それは仏さまの頭についている原寸大のボツボツの展示写真。
このボツボツ、なんていう名前なのかとても気になたので調べてみました。
仏像に良く見られるあのパンチパーマ状の髪は螺髪(らほつ「螺」=巻き貝)といい
髪の毛が右巻きに巻き貝のようになって固まり、
たくさんくっついている様をいうそうです。
e0005435_1014437.jpg

へぇ~!!右巻きなんだぁ~。
そういえばすみでいさんのblogにあった牛久の大仏様のボツボツも右巻き
そんな霊験あらたかな髪をつかまえて「巻きグソ」よばわり。
(あ、私が言ったんじゃありませんっ!すみでいさんです!!そこんとこよろしく♪
写真にカーソルを当てると、あ~ら不思議「巻きぐそ?」のキャプションが。
(しかし、私もフォントをボールドにするかねぇ~)

「Jeabさんがコレ見て質問したらどーするの?」
なんてコメントしたら、さっそく質問が来てました (^^;
で、すみでいさんのblogはタイ文字フォントが表示できないので
私がこの場をかりて説明させていただきます。。。

ってこれって本当は すみでいさんの責任じゃ・・・(--;
ま、すみでいさんがここを見ている人のために
これを日本語に訳してくれることでしょう! (笑

しばらくタイ文字が続きますがよろしく★
・・・しかし、あらためてアップしてみると
なんだか日本語の部分が浮かび上がってきて、とっても恥ずかしいかも~。 

あくまでも説明文ですから!(汗

【photo by すみでい】

ถึง เจี๊ยบวซัง
ขอโทษที่ไม่ได้อธิบายเรื่อง blog ของซุมิเดอิซังมานานแล้ว
พอดี blog ของซุมิเดอิซังก็เกิดมีปัญหาขึ้นมาสักวันเนอะ
ตกลงเจี๊ยบซังเข้าใจคำว่า「カーソル」หมายความว่าอะไร
ใช่ค่ะ 「カーソル」คือเครื่องหมายในหน่าคอมพิวเต๊อร์นั่นและ
มันเป็นรูปเครื่องหมายลูกศรบ้างเครื่องหมายไม้ตะบองบ้าง

>カーソルをかざすとすごい言葉が出てきた
เข้าใจประโยคนี้ไหม かざすเป็นกริยา
ประโยคนี้หมายถึง่า เอาカーソルวางไว้บนรูป(ใบที่๓)
ถึงจะเห็นคำศัพท์ที่แปลกน่าขัน
เจี๊ยบซังลองทำรึยัง เห็นว่าคำศัพท์「巻きぐそ?」ออกมาไหม
อ้อ ไม่ใช่ใบนี้ blogของแคทกับblog ของซุมิเดอิซังระบบคนละอย่าง
ต้องกลับblog ของซุมิเดอิซังลองดูเนอ

ぐそ=くそ くそมีความหมายเหมือนขี้
ภาษาต่างๆมักจะมีทั้งคำศัพท์สุภาพทั้งคำศัพท์ไม่สุภาพใช่ไหม
คำว่าอุจจาระสุภาพกว่าขี้ 便(べん)สุภาพกว่าくそเช่นกันเนอ
巻きぐそ=巻く(まく)+くそ
เพราะฉะนั้น 巻きぐそ แสดงสภาพที่ขี้ซ้อนขึ้นไปเป็นวงกลม
อันที่จริงมัน(巻きぐそ)เป้นคำไม่สุภาพแต่สำเนียงนั้นรู้สึกตลกน่าขัน

จริงๆแล้วแคทเขียนมาถึงนี่ก็รู้สึกอายมาก แต่อยากอธิบายให้เจี๊ยบวซัง
ไม่รู้ว่าเจี๊ยบซังเข้าใจที่แคทเขียนมา ถ้ายังไม่เข้าใจก็ถามอีกหน่อยนะคะ
ช่วยบอกตรงที่แคทเขียนผิดด้วยค่ะ (^^)/
[PR]
by catynot7 | 2006-06-04 02:20 | 語学