あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カーリングの謎

e0005435_21444225.jpg
なんやかんや言いながら
トリノオリンピックのカーリング、夢中で見てます。

メンバーのひとり、そばかすのあるチャーミングな小野寺さんが
真剣そのもの、ショットを決める姿が魅力的。
メンバーがお互い励ましあいながらのチームプレーもいい!
勝ったあと、一人ひとりの笑顔を見ているとこっちまで嬉しくなってしまいます。

カーリングのルールは、よくわからないけれど
先攻・後攻、お互いに緊張を高めつつのスリリングな攻防がたまらない!
派手さはないものの、ストーンが意外なコースに乗って思わぬ展開になることも。
ストーンで攻めていったり、ガードを作ったり。
相手チームの作った状況に応じて作戦も変えなければならないので
守りと攻め、両方の作戦をいつも念頭に
いろんな戦略を考えなければならない知的なゲームのよう。
その辺が将棋に似ているせいか、息子も夢中。

とはいえ、
カーリングのおおまかな流れはなんとなくわかったものの、
細かいルールはいまだ理解不可能 (><)
ひとつひとつのショットが生み出すストーンの配置に
一喜一憂する解説者の熱い説明を
「ふぅ~ん、そうなんやぁ・・・」としか受け止められない悲しさ。

「スーパーショットォォォ~が、でましたぁーーーーー!」と雄たけびを聞くと、
「おぉーーー、やったぁ!!」と喜んではいるものの
ストーンが止まった時点で、解説者と同時進行で喜べない悲しさ・・・。
じーーーっと固唾をのんで凝視してるんだけど
やっぱり、いまいち、わからない。
「よしっ、よしっ、よぉ~しっーー!」
ルールを熟知している解説者の唾も飛ばんばかりの熱気におされながら
ワンテンポもツーテンポも遅れて
「よっしゃぁ~!」と喜んでいる親子がここに・・・(^^;

でも、何はともあれ準決勝進出!めでたいっ♪
また、一投、一投を固唾をのんで見守る日々が続きそうです。
頑張れぇ~!ニッポン!

(余談)
あの、ストーンを投げたあとの黄色い掛け声・・・
ニッポンチームらしさ満点で、好きです。
[PR]
by catynot7 | 2006-02-20 21:58 | よしなしごと

ショパン幻想即興曲

トリノの話題が新聞を賑やかしているがあんまりじっくり見ていない・・・。
ダイジェストのニュースを見たり、新聞を読んでフォローするのが精一杯。
最近はメダルが一つも取れてないことに対する批判もちらほら。。

そんななかで目に留まったニュース、
女子フィギュアスケートの荒川静香が演技の曲を変えたらしい。
新しい曲はショパンの「幻想即興曲」

実は、私この曲が大・大・大好きなのだ。
あの流れるようなダイナミックな旋律を初めて聞いたときに鳥肌がたった。
お気に入りなので携帯の着メロにもしていた。 

でも鳴ったときにかもし出されるあまりのドラマティックな旋律に
・・・周りの目を気にしながらあせって電話にでるようになり、
あせるあまり、あわてて間違えて切ってしまったり(^^; 

今使ってる携帯の着メロは、その反省もあってゆったりとした曲にした。
サティの「ジムノペティ第一番」

でも、ゆったりしすぎて、音のうるさい所や人混みでは気がつかなかったり・・・
(なんのための着メロやん!)
ただ、ゆったりした気持ちで電話口に出れるのが一番のメリット。
テンポの速い着メロだとなんだか気ぜわしく出ちゃいませんか?

e0005435_21474136.jpgここで紹介した幻想即興曲を聞けるお気に入りのサイト
クラシック MIDI ラインムジーク 」 にショパンコンクールで大いに注目をあびたユンディ・リのCDのCMが!
彼なんだかキム拓に似てる・・・。
イケ面だからそれを意識したCDジャケットになってるが彼はとてつもないピアニストらしい。。
ブーニン以来15年ぶりにショパンコンクールを制覇、しかも中国人!ということで話題性も満点、かなり世間を賑わしている。
「ショパン音楽を理解する完成された詩的なピアニスト」
と絶賛された彼のショパン・・・聞いてみたいな。

いえ、イケ面だからっていうわけじゃなくてね、
音楽の解釈がね・・・(ーー;
でも「特典DVD付き」という謳い文句に心躍っております。
・・・やっぱ、見てみたい(^^;←正直に暴露。

CDを購入したら感想をまたアップしま~す♪
画像のほうじゃなくて音楽を! (しつこい (^^;
[PR]
by catynot7 | 2006-02-16 21:44 | よしなしごと

スーパーボール ’06

e0005435_033220.jpgスーパーボールが終った。
アメリカ人にとっての紅白歌合戦(←ちょっと辛い?(--;
誰もがみんな話題にするスーパーボール
それがなんと今年は私の住んでいた、ミシガン州デトロイトで開催された!

もう去年の今頃から
「来年はうちに来るんだ!」の話題で持ちきりだったので、今年のデトロイト&ミシガンの人達の盛り上がりようはすごかったに違いない。

昨年アメリカに住んでいた頃、スーパーボールの翌日のESLのクラスで「スーパーボールを見たか?」という話題になった。
と同時に何を食べながら見たか?という話に発展・・・というのも、なにやらスーパーボール・ディナーなるものがあるらしい。それはタコス・ピザ・ポテトチップス・フレンチフライ・ハンバーガー・ポップコーン・・・など等に代表される典型的なジャンクフードのオンパレード。

スーパーボール・ディナーはとにかく『TVを鑑賞しながら口に運べるモノ』でなきゃダメなのだ。
台所になんか立ってられないわ・・・というラインナップ、
アメリカ人の熱狂振りが手に取るようにわかるというもの。

さながら紅白を見るために(←しつこいって?)TVの前に陣取って
紙コップ・紙皿・紙ナプキンをテーブルに用意して、
ビール、ソフトドリンクをたーんと準備。
よっしゃ~っの気合で見て、食べて、飲んで、はしゃぎまくる・・・の構図のできあがり~♪

アメリカでのアメリカン・フットボール人気は本当にすごい。
それも地元熱が入ってくるので、すさまじい。
地元の団結っていうか・・・すごいんですよ、ホント。
ということで全米が注目の的!スーパーボール。
だからこそ合間に入るCMは毎年注目の的となる。
企業もかなり力を入れて完成度の高い、おしゃれでスマートな広告を制作し投入する。
広告料もべらぼうに高く、30秒のコマーシャルが去年は、なんと240万ドル。
今年は260万ドルするとかしないとか・・・。

広告料の高さは周知の事実なので、
スーパーボールディナーを楽しみながら試合に熱狂し、
試合の合間には「今年はどこの企業のどんなCMが・・・?」とみんな興味津々。
かくして、スーパーボールはいろんな要素をとりまぜて
アメリカでは国民的大イベントになっているのです。
(ホント、スーパーボールが近づくにつれ
ポストに入る宅配ピザのDM&クーポンが増えたこと増えたこと・・・(^^;)
[PR]
by catynot7 | 2006-02-09 00:03 | アメリカ