あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大掃除!

e0005435_1425438.jpg
やらないでいようと思っていたけれど・・・
やっぱり、やっちゃいました。 年末恒例「すす払い」

とはいえ、社宅住まいなので以前家に住んでいた頃に比べると
ずーっと、作業面積も狭いし、ラクチン。
何より、持ち家じゃないのでお気軽に済ましてしまった。
いつもの掃除+ベランダをデッキブラシで洗い、
カーテンも全部洗って、窓ガラス、風呂もぴっかぴか。
あ~、気持ちよかった。 2階建てじゃないので磨く窓の数も少なく楽勝!

息子が生まれた年に建てた広島の家は2階建て。
狭いながらも庭があったので
年の暮れが近づくと、庭の手入れも加わり結構大変だった。
それでも、自分の家なので掃除も気合いの入り方が違ってたなぁ。

でもその家も転勤続きでずーっとよそ様に住んでもらっていて
当の私たちは5年くらいしか住んでいない。
アメリカから帰ってきたときに、久しぶりに我が家の様子を遠巻きに見たけれど
悲惨な状態だったなぁ・・・・。庭に大穴を掘られて家庭菜園状態 (><)
庭木の手入れもほとんどされてなくて
挨拶に伺った仲の良かったお隣さんからも「すごいことになってるよ」とのご注進。
はぁ~、貸したときの現状維持で返してもらえるんだろうか?
もう借家として貸し出して3家族目だから、ちょっと無理かも。

転勤族はつらい。。。けれどいろんな町での新しい出会いもある。
当地へ住み始めてやっと7ヶ月目。 
この町へ住んだからこそ仕事も始められたし、
WEBサイトを通じて、タイを愛するいろんな人と出会うこともできた。
なにより新しい年を無事に迎えられることに感謝★

さぁ!今日は大晦日。
休みがちな『さぼりブログ』ですが、
リンクをはってくださった人達のおかげで続けてこられました。
しんどくないペースで、これからもほそぼそとやっていけたら・・・と思ってます。
来年も見守ってくださいね~♪ 

***皆様、よいお年をお迎えください******
[PR]
by catynot7 | 2005-12-31 14:27 | よしなしごと
年の瀬が迫ってきました。

でも海外&国内の引越し暮らしが続いたせいか
なにか落ち着いて年の瀬モードに突入できなくなっているのに気がついた。
1日しか違わないのに、だんだんと新聞のチラシも年の瀬モードに。。。
その流れについて行けない。
なんとか年賀状はやり終えましたが・・・ (^^;

買い物に行くと野菜・果物が高騰しているのにびっくり。
高っ!!!日本っていつもこうだったっけ?
今年は特に天候の影響で葉物が高くなっているとは聞いていたけど
こんなに高いなんて~。お財布に響くぞ。
それに、かまぼことか、おせち商品・・・高すぎっ!
いろいろ取り揃えていたら結構なお値段ですこと (笑
近所のスーパーではハローキティお重セット
アンパンマンおせちセットなるものも登場!うーん、すごいノリだ (^^;

関西はそんなに伊達巻とか食べないけど
こちらはけっこう食べるらしく、ラインナップもすごかった。
ふつう伊達巻だけに1500円も出す?
関西では、かまぼこ・黒豆・筑前煮・きんとん・田作り・なますくらいかなぁ~、
おせちといって思いつくのは。

・・・年の瀬というと、主婦は正月を迎える準備で少々憂鬱になってくるけれど
なーんと、今年は準備しなくてもいいので~す♪
3ヶ日は旅に出ます。
私のほうの両親を呼んで、熱海&江ノ島へいってきます。
やっぱり、正月準備をしなくていいという意味では旅行は最高!(笑
特に、来年になると息子も受験なのでうろうろできないし
年老いたじじばばを引き連れての旅行も2人が元気なうちだからこそできるというもの。
高齢なのに、まだ自営業を細々と続けていて
まとまった休みというと盆と正月のみ。
年が明けるとすぐに79歳と74歳になる両親、ゆっくしてもらいたい。

ということで、生まれて始めての伝統の保養地
 『熱海&江ノ島ゴールデン保養所めぐり』へむけてラストスパート。
ガンバロ!!
[PR]
by catynot7 | 2005-12-30 00:30 | 一応、母

★地上の星★

最終回のプロジェクトXを見た。

普段TVはほとんど見なくて、芸能関係はほとほと弱い&苦手。
紅白歌合戦の出演歌手など年々わからなくなる一方です、ハイ(^^;

アメリカへ行く前も帰ってきてからも
TVで見る定番は、NHKのニュース、スポーツ番組
『そのとき歴史は動いた』そして『プロジェクトX』・・・。
とはいえ、プロジェクトXは最近番組作りでいろいろ問題もあり、
なんとなく私も見なくなっていた。
そんな中、ネタ切れやマンネリの声も聞こえ
そして当然の流れなのか、今日で番組終了の最終回。

でもでも、やっぱり感動してボロボロ泣いてしまった。
ものつくりに携わる人々や困難に立ち向かって来た人たちの生き様は
こちらも斜に構えずに素直に感情移入してしまう。

番組でもとりあげられていたが、本当に出演される人たちが
素晴らしい味のある顔つきをされていて
その人たちが過去を振り返り、言葉に詰まるシーンなど
もうあかん・・・だめ。(実は本放送のときも泣いた・笑)
で、ハンカチが離せなかった。。

番組をみてふと考えた。
この先に横たわる2007年問題って本当に大きな問題かも。
アウトソーシング最盛期で、なんでも派遣社員に外注されてしまうと
積み上げられてきた地道な知識や特別な技術などが
いよいよ空洞化してしまう。
なにより、会社や職場への帰属意識が薄れて
人間関係も希薄なものになってしまうような気がする。
大きな事を成し遂げるにはスタッフやグループの団結力や
モチベーションの高さが不可欠なのに、派遣全盛期の今大丈夫なのか?
派遣社員ではプロジェクトXのようなドラマは生まれない。

派遣会社は派遣会社で、派遣社員をいろんな研修でバックアップしても
結局現場に出て始めてわかるのがマニュアルどおりに行かない世の中。
それをスキルチェックテストで十把一絡げに能力の有無を見るのは
いかがなものか・・・(←ってこの表現、嫌いなんです・・・実は)

若者よ~、最初から派遣なんて考えちゃあかん!
正社員で揉みに揉まれて、悩んで苦労して
技を盗んで、自分の肥やしにすることを第一に考えてや~!

ヘッドライト~テェールラァーイト♪
中島みゆきの歌が頭の中にこだまする・・・。
[PR]
by catynot7 | 2005-12-28 22:39 | よしなしごと

秋の田の~♪

刈り穂の庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ

懐かしいなぁ~、中学生の頃だっただろうか
国語の先生の指導で小倉百人一首にクラスで取り組んだ。
犬棒カルタくらいしか知らなかったので
厳かに読む札の文章も古語だし、カルタの札の紙質も上々で
なんだか妙に厳かな気分になったものだった。
でも夢中になったのは「坊主めくり」のほう・・・ (笑

で、最近急に息子が百人一首の話を持ち出したので?と思ってたら
なんでも朝の自由時間にクラスで百人一首カルタ取りをやっているらしい。
それも上の句を読み終わらないうちから下の句の札をとってしまう
かなり上手な子がいるようで
公平を保つためレベル別にAからFまでのグループ分けをしていて、
息子は先日FからEにやっと昇格したそうな。
(・・・・息子は古典が超苦手)

百人一首のカルタは、ご存知のように下の句は平仮名だけで、
濁点なんかついておらず、しかも旧かな使いなので、
取ろうと意気込んでも目がかなり泳いでしまう。
しかし、これにはコツがあるらしい
○字きまりの法則とやらがあるそうで。
たとえば3字決まりの2首を例にとってみると・・・
同じ「あき・・・」で始まる句があっても「あきのたの」「あきかぜに」
と3文字目が違うことでまったく違う句だとわかるのだ。当たり前だけど・・・(^^;
ということは3文字目が耳に入った時点でもう、
ピシーーーッと札をとらなければならない
かなりの反射神経を要する遊びなのだ。

私は、句自体は結構頭に入ってるのに
いかんせん、反射神経が・・・。上の句を読まれて下の句が頭に浮かんでくるものの
探せなーーーい。 あの下の句の札の平仮名オンパレードがちょっと苦手。
絵もないし。。。(笑

ちなみに私の好きな歌は
久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ
瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ

ん~、ロマンチック。
声に出して読むと今さらながら日本語ってきれいだなぁ~と思う。
お正月も近いことだし、百人一首ゲームをやってみるのも一興!

http://homepage1.nifty.com/hokkaido-0/gosyoku/gamemenu.htm
↑ここ、稚拙だけど伸びてくる手が笑えます。(息子からのネタ)
[PR]
by catynot7 | 2005-12-23 21:23 | よしなしごと

寒~い朝

何度も言いたくないけど言います。寒いです。
今朝も寒かった~。もちろん氷点下。

そんな寒い朝、アメリカへ出す手紙があったので出勤前に朝一で近所の郵便局へ。
その局は9時からなので、9時9分の電車に間に合うように家を出たら
かなり早めに郵便局へ到着。
中は人がいる気配だけど、やっぱり開いていない。

そこへ80歳くらいの見知らぬおばあちゃんがやってきた。
「まだ開いてないんですよ」と声を掛けて「今日は寒いですねぇ~」と道端で歓談。
「寒かったらちょっとの時間でも長く感じるねぇ、今何時ですか?」とおばあちゃん。
「8時55分ですから、あと5分で開きますよ」
と言いつつ、念のためドアに手をかけると
なーんと!自動ドアが開くじゃありませんか!
5分前だから開くのか~と解釈して二人してそそくさと中に入ると
局員さんがあせってカウンターから出てきた。
「9時からになっておりますので」と出て行くように促しながら釘をさす。
「え、外で待つんですか?」と私。

あぁ、なんて嫌な女になってしまったのかしらん。
でも、お年を召した80歳のおばあちゃんがいるんですよ?
この寒~い朝、 5分くらい中で待っちゃだめなの?

しかし、融通のきかない職員さん達でありました。
頑として許してくれません。
またもや二人して外へ。
おばあちゃん、「せめて間のATMコーナーで待たせてくれてもいいのにねぇ」と一言。
まったく同感。
私が局員だったら、絶対中で待ってもらいますよ。

民営化されたら地域に根ざした郵政サービスが悪化する・・・と言われてたけど
今でもこんなんだもん。 
もっとサービス向上・・・というか思いやりをもって人に接してほしい。
根っこのところでの考え方を変えないとあかんやん。
取り付くしまのないような融通のなさに少々うんざり。

ちょっとでも中で待っていただいて、それから時間が来たら
「お待たせしました」と笑顔で迎えてもらったら
お互い気分がいいと思うんだけど。
なんでもかんでもマニュアルどおり・・・寂しいなぁ。
んじゃぁ、自動ドアじゃなくて南京錠でもかけてくれれば
淡い期待を抱かずにすむのに・・・

なーんて、かなりあまのじゃくになっている私でした(^^;
[PR]
by catynot7 | 2005-12-20 00:58 | 憂う

冬眠してました・・

『あっという間に・・・』というお題で12月の初日に書いて
それこそあっという間に2週間もたってしまった・・・(^^;
「月日は百代の過客」ではありませんが、
一日が過ぎるのが本当に早い!
なんでも年を取ると1年過ぎるのが早く感じるんだと。
ふむふむ、妙に納得。

で、猫は冬眠はしませんが
例年恒例、しもやけにしっかりなっております。
(「こうれい」・・・と入力し「高齢」と変換されてひそかにギクッ!)

仕事場が汗ばむほど暖かいので、
今年は大丈夫じゃん!とタカをくくってたら、家でかかった(^^;
いまのところ・・・ 
左手の小指、薬指の第一関節
右手の薬指&中指&人差し指の第1・第2関節
が病んでおります。
そう、右手はもう完全にひとサイズビッグ!(笑

この時期になると、ひそかに指輪類をはずす私・・・
だってぬけなくなると嫌やもん。

この持病があるがゆえ、寒い時期はタイへ行きたくてしょうがない。
暑い気候の中、ヒンダー温泉とかペップリーの温泉とかに浸かりた~い。
でも今年の冬は諸般の事情があり、絶対無理。
アメリカへ行く前は、1年に2回の訪タイ貫徹!を目標に
年に1回はひとりでフラッと行ってたけれど
しがらみが増えたとでもいいましょうか
(変換間違えてないよね?シラガじゃないよね?)
心配性になったというか (あ、留守宅がね。タイの治安ではありません、決して。
昔ほど、わがままできなくなりました。
っていうか、これが一主婦としては普通なのかも(^^; 

と思っていたら3月中旬まで2万6000円くらいでチケットが手に入るらしい。
ん~、年末年始はあきらめるとしてもこの価格は超魅力的!
しかし、息子の弁当だれが作るン?
やっぱ夏休みかなぁ・・・はぁ~。
ということで、冬真っ盛りの寒波到来を前に夏に思いを馳せる私でありました。

あぁ、サイアムパラゴンが私を呼んでいる~♪
[PR]
by catynot7 | 2005-12-16 21:57 | よしなしごと

あっという間に

12月なんですね~。
いや、ホントこの2005年が今までの人生の中で、一番早く感じました。
息子も「今年はえっらい早かったぁ~」と感慨深げ。

5月上旬までアメリカへいたとは思えないようなめまぐるしい毎日。
日本へ馴染んだとはいえ最近世間を騒がせているニュースを耳にするにつけ
「うーん・・・なんかおかしいぞ、日本!」と思わずにはいられません。

こころのゆとりがなくなってるような。
そんなことを投げかけるとダンナは「日本は国土が狭すぎるんだ」という。
でも昔から国土の広さは変わっていないわけで。
そりゃ、関係ないっしょ?
狭い国土のバチカン市国に心ない人ばかり住んでいるとはいえないし。

仕事柄いろんな人と接する機会があるけれど、お年を召した方が一番可愛い!
けったいなおじいちゃんもいるけれど・・・でも憎めない。
せかさないし、ゆったりしてはるし、物事をよく知ってらっしゃる。
お年寄りは私達よりずーっと苦労してきはったンやと思うと
憎らしい気持ちなんて起きません。

そんな愛すべきお年寄り達の住む日本。
高齢化社会といいながら医療費の負担も増えるし
けったいな世の中になったなぁと思います。

アメリカの私の住んでいた地域ではお年寄りは優遇されてました。
毎水曜日、シニアはお買い物が15パーセントオフになるスーパー!
グリーンフィーがシニア割引で通常の半額(9ホール8ドル)で回れる
パブリックのゴルフ場もあったり。
これじゃ、お年よりもアクティブにならざるをえない(^^;

でもでも日本のお年よりも素敵なかたがいっぱいです。
私達の年代が年取ったとき、あんなふうになれるモンだろうか?
1年過ぎるのが早く感じたり遅く感じたり・・・それでも1年は1年。

私も素敵にトシをとっていきたい。
[PR]
by catynot7 | 2005-12-02 22:50 | 憂う