あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

好きです

e0005435_21531230.jpg

すみません、意味深なお題で (^^;
単なる食べ物ネタです、 ボケボケ写真ですが・・・。

タイ土産というとドリアンチップをお気楽に買ってしまいがち。
あれも美味しい?と聞かれると、ある意味美味しいけど・・
油がまわって不味くなりやすいのが残念。
特にあまり商品が回転してないようなお店で買うとアウト。
もらっても嬉しくない&自分で買っても、油の回り具合次第ではゴミ箱へ直行~

で、ドリアンチップ代替品としてお勧めなのがコレです。
花形ドリアンチップの影に隠れてしまいがちですが
これ、ジャックフルーツ(カヌン)のチップです。
ジャックフルーツは生で食べても濃厚な甘さで美味しいものですが
食べ続けると、ちょっとくどいかも。

で、乾燥させてチップにすると、これがイケル!
ジャックフルーツのフルーティな香りを残しつつ
ぱりぽりとクリスピーでとても美味しいんです。
この商品は OTOP product champion の表記あり。
OTOPとはなんぞや?

e0005435_21533990.jpg


タイではタクシン首相の就任後、一村一品運動が国策として取り組まれてきました。
その目的は、地方の雇用の創出と所得の向上。
タイには、76県下に「町・村」に相当する行政区・タンボン(Tambon)があります。
政府は、各タンボンごとに一村一品を指定し、
各省庁が協力して生産技術・マーケティングに取り組み、
地域住民による商品開発、市場開拓を支援してきたプロジェクトです。
そのタイ全国の一村一品 「ワン・タンボン・ワン・プロダクト」を略して
「OTOP」と呼称し、ロゴも作ったようです。
で、この商品はOTOP productのチャンピオンになったようで
下にはチャンタプリー・フルーツ・プロダクト株式会社の名が。

『一村一品運動』・・・アイデアが良いですね~。
どこかの国で行われた、ふるさと創世事業とやらで
全国の自治体に一億円ずつ配られたのとはえらい違いです (TT
しかも、これらの商品、タイ政府によって5段階評価でランキングされ
3つ星以上の評価を得たハイグレードな商品を中心に展示会とかも開かれ
輸出に適している商品として、各国にアピール&宣伝も行われています。
タクシンさん商売上手。

果物の加工品や干物、蜂蜜などの食品だけではありません。
このほかにも石鹸、アロマキャンドル、インテリア雑貨・・・
いろんな「OTOP」商品を目にすることがあるはず。
政府の手がかかっているだけあって、品質がよくお勧めです。
今度タイへ行かれる人は是非探してみてください♪
[PR]
by catynot7 | 2005-08-30 22:05

社会人野球


e0005435_017553.jpg東京ドームへ初めて足を運びました。

父さんの会社の野球部が社会人野球の都市対抗戦に出場するというので、いざっ!応援に行ったのです。
(実は私もこの会社のOG)
都市対抗野球は、はるか昔、1度応援にいったっきり。
そのときは広島から上京して後楽園球場へ応援に行き
試合には勝ったものの、帰りの新幹線が台風で不通になり帰るに帰れない状況に。
当時、入社したばかりでノミの心臓の私は (←今も変わらない・・・え、何か?)泣く泣く上司に「帰れないコール」をして、東京へとどまったのでした。


そののち後楽園球場は東京ドームになったものの、訪れたのは今日初めて。
社名の入ったうちわを手に、8番ゲートから入って感動!
広い・きれい・涼しい~♪
なんせ球場といえば広島市民球場しか行ったことがない私。
あ、あとデトロイトタイガースの本拠地・コメリカパークも。

馴染みの広島市民球場といえば・・・
球場はコンパクト (←要は小さい)  階段は急だし、座席は狭い。
長時間座っているとお尻が確実に痛くなる座席に閉口し、
観戦のときは座布団必携でした。

でも広島市民球場のほうがなんとなくスキです。
馴染みがあるっていうのもあるけど、なにか、猥雑な雰囲気があって。
球場内で売っているフツーのうどんがけっこう美味しかったり。
ドームだと頬を渡る風も、日暮れ時の美しい空も雲もみえないし・・・。
エアコンが効いてて快適なんだけど、観戦中ビールがあまり売れないかも(笑

会社の応援団も総動員で応援にも熱がはいります。
太鼓部やチアガール、ブラバンも総出で応援合戦。
でも悲しいかな、試合結果は3対1で敗退。
満塁のチャンスが2回もあったのに点が取れず・・・(泣
流れは完全に相手チームへ。
かなりストレスがたまった野球観戦となりました。
地元の予選の決勝で、大逆転をして勝ち取った代表権なのに~。。
奇跡は2度は起こらなかったよう。

とはいえ、批評や分析はとりあえずおいておいて、
「よく戦った」と選手の労をねぎらってあげたいものです。
[PR]
by catynot7 | 2005-08-27 23:24 | よしなしごと

タイでゴルフ

e0005435_214692.jpg
年を感じました・・・。
年月の流れを感じました・・・。
それほど、タイで久々のゴルフは疲れました。
デトロイトの爽やかな空気の中でプレイしすぎたせいか
暑い日ざしの照りつけるタイのゴルフは、体力にもお肌にも限界を感じ少々ショック。

駐在時にカートに座らせて『小学2年生』とか読んでいた息子も
なんと今では一緒にラウンドするようになり、そっちのほうでも月日の流れを感じた次第。
しかし、彼が親しんできたアメリカのパブリックゴルフ場。
自分でカートを引きながら、クラブを選びグリーンを目ざすのが普通
と思っていた彼にとって、タイでのキャディさんの存在は正直言って「何だ?このひと?」

タイのゴルフ場ではキャディさんはプレーヤー1人にひとり。
・・・というか1人以上だったら何人でもOK(^^;
実際、日傘持ちのキャディさんまで連れてラウンドする人がいるくらい。
以前日傘持ちだけでなく、折り畳み椅子持ちのキャディさんまで
ひき連れているタイ人を見た時は、びっくりこきました。

キャディさんとの会話はほとんどタイ語。
息子も戸惑うはずです。 自分用のキャディさんが付くんだもん。
タイ語でいろいろ言われても・・・。
途中からキャディさんもわかりやすくブロークンな英語に切り替えてくれたよう。
「自分でカートを引っ張りながら、クラブを選ぶほうがずっと気楽でいい」
とは息子の後日談。 母も納得。
ラウンド中ずーっと不機嫌そうだった・・・というか気兼ねしながら回ってたような。

息子は、幼稚園の年長から小学3年生の1学期までタイ国日本人学校へ在籍。
学校では1年生からタイ語が必修だったものの、たった1週間に1時間。
これじゃあモノになるはずないよーーーっ。
当時タイ語の成績はよかったとはいえ、あっという間に忘却の彼方。

そういえば、面白いことがありました。
息子の第3打がトックサーイ(バンカーへ落ちた)したときのこと。
彼がバンカーショットを打った後、いつもアメリカでしていたように
ささっとレーキを持ち、砂をならし始めました。
これにはキャディさん達もビックリして大笑い・・・だってキャディさんの仕事だもん。
「マイ・トーン・カー(しなくていいよ)」 と大慌てで息子に言ってました。
アメリカでは自分で全部するんだよ~と説明すると
ひとなつこい微笑を返してくれました。

タイ語ができるとゴルフをしていてもキャディさんとのやりとりが楽しいものです。
ま、キャディさんに拠る・・・といわれればそれまでですが・・・(^^;
でも気は心。 とかくキャディさんの質でゴルフ場を云々することが多いようですが
プレーに没頭していたら、自分で責任をとりながらラウンドするだけです。

コースやコンディションの良し悪しでゴルフ場を評したいですね。
あ、あと料理が美味しいか不味いかも・・・(笑

【 photo 】  息子のティーショット「腕がまがっとるやんけ~!」
          きこりゴルファーになっとります。。。
[PR]
by catynot7 | 2005-08-25 21:54

今日で○歳?

来てしまった~。 何がって、誕生日です。

誕生日を迎えて単純に嬉しかったのは27歳まで(←このトシで結婚したから(^^;)
その後じわじわとブルーに。
藍色ぐらいのブルーになるのは35歳を超えてから。
だって求人情報にこの35歳の壁をちらほらと見てとってしまう。
なにか特別なスキルがあれば別ですが、この35歳の壁は厚い!

だからこそ、2年前、渡米直前までしていたタイ語にかかわる仕事は
年には関係なくスキルでゲットした仕事。
多忙だったけれど本当に楽しかった。子どもに関わる仕事だったし。
最近むくむくと求職症候群が現れだしたので
高齢になる前に(^^;ぜひ職を探したいもんです。

とはいえ、『赤いちゃんちゃんこ』を着るまではまだまだっ!
もうひと一花咲かせたいなぁ~。
ぶっちゃけた話、タイへ留学したい。タイへ行ってそれを実感しました。
でもそれは子どもを持つ親の責任を果たしてから。
とか言ってると、自分の親の健康状態が今度は関わってくるし。
なんせ一粒ダネですから・・・親のことは一番気がかりです。

とにかく何やかやとビミョーなトシ頃に突入。

でもでも、今日パソコンを開いて
すみでいさんの作ったカノムモーケーンバースデイケーキを見た途端
ブルーな気分が吹っ飛びました。・・・仲間っていいね。

タイからもバースディカードが届き、
いつもの掲示板でもお祝いの言葉をいただいて本当に感謝★感謝です。
皆さん、祝ってくれてありがとう!!
[PR]
by catynot7 | 2005-08-23 23:27 | よしなしごと

秋刀魚

タイから帰って日本のほうがムォ~ッと暑く感じたけれど
それでもタイへ行く前より朝晩がすごしやすくなった。
スイカ食いの私はスイカに貼ってある産地シールで秋の訪れを感じてしまう。
昨日買ったのは、青森産だったし・・・。
北海道産になる頃、スイカに別れを告げるんだけど・・・辛いんだ、コレが。

で、秋といえば秋刀魚です!(←持って行きかたに、ちょっと無理あった?(^^;
今日スーパーで秋刀魚が安かったので迷わず購入!
いつもはあの苦味が好きなのでシンプルに塩焼きするんだけど
今日は何を血迷ったか、刺身にチャレンジ!
(実は隣に刺身用の切り身も売ってて、これなら私にもできそうやん!と思ったのが甘かった)
青魚大好き人間なので志は高かったものの
3枚におろして皮むいて・・・げっ、この皮薄いじゃん (TT)
しかも皮を剥く前に、小骨を取らなければならず
・・・毛抜きで頑張りましたぁ~。

皮を剥いた後だと、小骨を抜く作業中に身がほぐれてしまいそうに。
で、急遽2匹目から手順を変更。
失敗は成功の父ですなぁ~。
3匹やり終えた後には達成感とともに今度は切り身を買おう!と心に誓ったり(笑

普段簡単にぺロリッと食べてるお刺身
調理場でこんなんしてるんやなぁ~っと、判っていたけど改めて感動。
鱧も小骨を全部包丁で叩いて砕くしねぇ。

しかも今回大発見★ なんと秋刀魚の小骨って真ん中が青い色なんですっ!
毛抜きで抜くとき気づいて 「な、なんだ!?この色は~」 きれいな青色で感動。
これには驚きました。焼いていたら絶対気づかなかったでしょう。

魚は持ち味がそれぞれあって、十把一からげじゃないので大好きです。
手間隙掛けて食べた秋刀魚のお刺身、身がぷりぷりで美味しかった~。
やっぱり苦労すると喜びも2倍!?
[PR]
by catynot7 | 2005-08-22 22:02 | よしなしごと

ただいまぁ~!


格安旅行のような深夜着&早朝出発1週間の行程で帰ってきました。

1週間というと、今までで一番長いタイ滞在。
1週間もあるから「アレも!コレも!」と思っていたけれど
やっぱり家族で来てるからにはあまりウロウロできず・・(TT;
時間の過ぎるのが本当に早いタイ旅行だったような。

2年ぶりのタイで感じたのは
パッタナー・クン・マー=発展していました。
それゆえに、タイの人が忙しそうに&疲れているように見えた。
バンコクしかウロウロしてないのでバンコクの人が・・・と言ったほうがいいかもしれない。
それと同時に、通貨危機前の頃と同じくらいの渋滞に驚いた。
バンコクに住んでいる知人も「車が増えた」との弁。

典型的な観光地では中国人観光客が激増しているのにビックリ。
中国の好景気だけでなく、中華系タイ人タクシン首相の影響もあるのかも。


日本にいると会えない人たちにタイでだからこそ会えるのも不思議。
タイとの繋がりは私の中では永遠に途絶えることはないと思う。
そして、そして!タイ料理の美味しさは相変わらず・・・。
あぁ、もっと日本で安く食べられたらなぁ~。
Jeabさんからいただいた、カノムモーケーンも感激ものの美味しさでした。
もちろん、旅行中にぺロリと食べました (^^;


あっという間の1週間だったけれど、
例のごとくマメにカメラでカシャカシャしなかったので
またもやいつものように雑感blogと化していきそうです。。。

そんな、そっけないblogですが
長い夏休みも終わり、今後もお付き合いいただければ幸いです★
[PR]
by catynot7 | 2005-08-21 16:32

行って来ます!

e0005435_2350027.jpg

2年ぶりのタイです!
嬉しくて嬉しくて、でも半分怖いような・・・。

いろいろ変わってるんだろうな~。地下鉄もできたし
ホテルも名前が変わったところが多い。
その、ホテル。なかなか取れなかったけれどやっと押さえることができて一安心。

タイ行きが近づくと、天気予報も気になってくる。
といっても在住のときタイで傘をまったくささなかったなぁ。

来年予定通りに新空港ができるとしたら、多分これが最後のドンムアンになりそう。
タイスキ食べたい。
マッサージしたい。
本屋へ行きたい。
チャオプラヤー川を下りたい。
などなど、欲望の塊と化しています。

今回けっこうゆっくり目の行程だけれど、
1日目は深夜12時ごろに着いて、8日目は朝6時発のフライトなので
2日間はまるまる損。なんだか、格安ツアーのような内容です (汗

ともあれ、明日の今頃はバンコクかと思うと・・・笑みがこみ上げてきます。
ムッとした熱気の中、ドンムアンから乗るタクシーの車窓に映る
ライティングされたビル郡が見えるんだろうな~。
でも、ひとつ気になることが・・・。

ぞうさんビルディング見えるか心配です (^^;

(ブログはしばらく更新できないと思います。
コメントが書き込める環境にいたら必ずチェックしておきますね。
[PR]
by catynot7 | 2005-08-11 23:53

宿題地獄・・・

息子、中2です。
中2にもなって夏休みの宿題に親のヘルプがいるのは情けない・・・。

でも1年半ごとに学校を変わり、国を変わり・・・していると
子どもも戸惑うのは仕方のない話。
アメリカと日本、タイと日本がちがうのはもちろん
同じ国内でも学校ごとにやり方は違うし、宿題の量もまったく違い
親子で四苦八苦しております。

ほんの1年前はアメリカで、よく出る大きなプロジェクトを消化するために
情報収集したり、家庭教師に助けてもらったりの毎日だった。
それも違う言語で・・・親子で電子辞書片手に悪戦苦闘してた。
(↑母と子ね、父さんはいつもそんなとき居なかったし・怒)
中学生の英語、特に社会言語でなく、学習言語としての英語はかなり難しかった。

やっと日本で思い通りに宿題が操れると思ったら大きな間違い。

●国語・・・意見文
●理科・・・実験
●社会・・・新聞スクラップや歴史新聞つくり
●英語・・・スピーチ
●技術&家庭科・・・洗濯表示をチェックして洗い上がりの差をレポート
●美術・・・課題作品の仕上げ
●数学・・・プリント

ね、どわぁ~っと出てます。宿題。
ひとりで何とかやって欲しいものの、やり方がよくわからないのと
転校してまだ2ヶ月しかたっていないのもあり
いろいろ相談できる友達が身近にいないのも痛いところ。
結局、親がいろんな道筋をつけてやらないといけず・・・。
あ~っ、またかぁ・・・いつも子どもとガブリ四つで、物事にとりくんできたような (TT;

特に帰国子女は社会と国語がツライ。
国語の意見文は何度も母の厳しいチェックでやりなおし~!
あぁ、去年は英語の作文でやりなおし~!だったなぁ・・・。
理科は何やら酸性とアルカリ性の実験をするとのことで
あしたリトマス紙を買ってくるそう。

夏休みに入って、ずっと部活をしていたこともあり
息子もこの月曜日からやっと本腰入れて宿題に取り組んでいます。
私もタイ旅行があるので、なんとか消化できるものは先にやっておけ~っ!
と、はっぱを掛けてる毎日。

しかし、私の中学の頃って、こんなに親がかかわってなかったぞ。
家が商売をしていたので、ほんとに放って置かれた。
親も関わりたくても関われないくらい忙しくて、なんでも自分でするようになった。
とはいえ、それもどっぷり地元で育っていたから。
転勤族であっちこっち行ってる我が家の状況とは単純比較できない。
お互い親離れ、子離れするのはいつなんでしょ。
ま、親子&夫婦でケンカは多いけど、何でも言い合える関係であることは確か。

とにかく、タイから帰ったら、また宿題地獄がまっているのだぁ~。
頑張れっ!息子よ~。・・・はよ、自立してねん。
[PR]
by catynot7 | 2005-08-09 22:42 | 一応、母

タイの統計あれこれ

タイ旅行まで1週間を切ったものの、まだホテルをとってない・・・。
チケットは早めにとっていたので、あれだけのホテル王国、
なんとかなるさ~っと安心していつものペースでいたら、
このお盆の時期、かなりの日本人が訪れるタイ。
狙っていたホテルがとれなくてあわてて他のホテルを手配中。

そんな不安もそこそこに 
予習にとガイドブックや昔ゲットしてたフリーパーパーを読みふけっている。
特にDACOは、公園特集とかお土産特集とか、企画が面白くてなかなか捨てられない。
そんな中で見つけた、DACO2003年111号。
『Top10タイランド』という企画で、いろんなカテゴリーのTop10を紹介。
2002年以前の統計なので、現在の数字はまた塗り替えられていると思うが、
タイで統計をとること自体すごい!と当時いたく感心した。
ここでは、Top10まで紹介できないので1位のみ、かいつまんで見てみると

★タイ人編
・平均月収の多い県        バンコク   12,167.87バーツ (1999年)
・平均月収の少ない県      ヤソートン  3,694.33バーツ (1999年)
・在籍者数の多い国立大学   ラムカムヘン大学 359,522人  (2000年)
・タイ人が信奉している僧侶   ソムデット・トー (ナンナークを除霊した僧、ワット・ラカン)
・年間最高気温           ウドンタニ   42.5℃       (2001年)
・年間最低気温           チェンライ   8℃        (2001年)
・一人当たりの貯蓄額       バンコク 560,133バーツ   (2000年)
・自動車メーカー販売台数     トヨタ   83,517台       (2001年)
このあと いすゞ、ホンダ、日産、三菱、マツダと上位6位はすべて日本車。

数字を眺めるのってつくづく面白いもんです。
なんの主観も入らないのでありのままの姿が見えてくるというか。
結局そこに自分なりのものさし、価値観を当てはめて
「ほぅ~!」とか「えっ?」とか感想がはいるのだけれど。

とくに興味深かったのが外国人編というコーナー。

★外国人編
・国別タイへの旅行者数  日本 1,197,931人 全体から見た構成比 12,5% (2000年)

これにはちょっとビックリ!!堂々の第一位。
やっぱりNHKにタイ語講座は必要ですね~ (^^;
このあとマレーシア、台湾、中国、シンガポールと続きます。

考えさせられたのが、旅行者のタイ国内で一日に使う平均消費額。
やっぱり 日本が一位で4,082バーツ。全体から見た構成比 10,5% (2001年)
この数字をどうみるか。
日本に住んでいると、タイで2,000バーツ位も出せば
日本では考えられない広さのホテルに泊まれ快適に過ごせるし
あと、お土産代、食事代を考えると、これは妥当な数字かもしれません。
平均なので豪遊してる人もいれば、バックパッカーもいるでしょう。
でも、最初この数字を見たときは正直ビックリしました。
もうかなりタイ人化していたので頭がバーツ立てになっていて(^^;
4,000バーツっていったら、ヤーソートンの月収より多い!
あと1,000バーツも足せば
当時のバンコクのお手伝いさん(私には無縁でしたが・・・)の月収!
日本人ってホントに『コン・ルアイ(お金持ち)~!』なんて思ってた。

日本人はタイにとって大のお得意さんなのです。

さてさて、今回のタイ旅行。
1日4,000バーツまでは払わないにしても、
頭がドル建て・円建てに変わってきているので、
日ごろの鬱憤を晴らすべく、散財しないように気をつけなくては・・・。
とはいえ、家族でゴルフもするので結構いっちゃいそう。
日本に帰ってから、つましく暮らそう・・・。
[PR]
by catynot7 | 2005-08-07 11:20

県民性チェック!

ミュージック・バトンではないけれど県民性バトン。
チェンマイで日本語教師をしている しなさん の記事から
Hiroさんのblogがトラックバック。
あまりの面白さに私もTBさせてもらいました。

ずばり「ご当地の踏み絵」

県民性・地域性ってあると信じて疑いません。
タイへいたころも東北地方のひとの優しさ・純朴さに感激したし、
アメリカへいっても州のカラーとか微妙に感じてました。
風土・気候・歴史とともに地域性が根付いていくんだろうなぁ。

といってもそんなお堅いサイトではなく、
その地域だけのCMソングとかご当地名物も織り交ぜてあって
笑えます。楽しめます。

私は転勤族なので、広島・兵庫・神奈川をチェック!!
3つチェックできる自分が嬉しくもあり、悲しくもあり・・・。
でもやっぱり「三つ子の魂100まで」
生まれ育った広島の県民性チェックに大うけでした。

●県外に出ると『広島人=ヤクザ』と安直な発想をされて困る。
→これ、ありました。
学生時代東京にいましたが「広島からきた」というと「怖い」「仁義なき戦い」
と連想されてしまって・・・。 それもこれも↓
●ふだんは標準語でも、ケンカのときは広島弁ですごむ。
・・・というような人が多いせい?
とはいえ、
●「チチヤス」と聞くと幼少の頃を思い出し、遠くを見るような目になる。
はい。今でも関東で頑固にチチヤスヨーグルト買って食べてます (^^;
あの味がDNAに刷り込まれてて、
ひとくち食べると「コレコレ!これなんよねぇ~♪」

でも一番受けたのは
●『阪神の金本の活躍をうれしくおもう反面、
「カープにおったときもあのくらいしてくれとったらのお」と思っている。』

そうそうっ!広島を出たからこそ水を得た魚のように・・・
・・・とは考えたくない
わがままもんが多いんです。広島県人は。
広島のあと兵庫に引越し甲子園球場の近くに住んだだけに思いは複雑でした (^^;
[PR]
by catynot7 | 2005-08-06 11:12 | よしなしごと