あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バトルシップゲームをご存知?

e0005435_10553112.jpgお~、懐かしぃ~!の人も居るかもしれないし、
なんだそれ? の人もいらっしゃるでしょう。

アメリカにいた頃驚いたこと。 
それはおもちゃ売り場でのボードゲームの種類の多さです。
家族で楽しめるゲームがとっても多い。
加えて、質の高いゲームが多く子どもだけでなく大人もゲームに夢中。
そのあたり、お国柄でしょうか。

みんな知ってるようなポピュラーなゲームが数多くあり
なおかつ息が長いので、みんなそれで遊んだことがあるある!
・・・という共有意識をもつことができるんです。
例えて言えば、100人中90人が人生ゲームで遊んだことあるというようなノリ (^^;

そんな数あるゲームのなかで私と息子のお気に入りが
『 バトルシップゲーム 』
(世界中でロングセラーなので、日本でもまだ売ってると思います)

これも古いゲームなんですよね~。調べたらアルゼンチンで生まれたゲームのようで。
ネットで検索するとゲームソフトになってたり、オンラインゲームとしても遊べるようですが
うちにあるのはあくまでもアナログなテーブルゲーム。
二つのボードを付き合わせて2人で熱く戦うタイプです。

遊び方は・・・
お互い10マス×10マスのボードを2つ持っていて、
それぞれ自分のひとつのボードに同じ5種類の艦船を自陣に配備します。
相手にはどこに戦艦を配備したのかはわかりません。

もうひとつの空のボード(相手が戦艦を配備中の仮想ボード)に、
ピンポイントで座標軸を(Aの5とかDの8とか)攻撃していき、
相手の戦艦を狙い撃ちします。(見えないのがミソ)
攻撃したポイントを相手に伝え、相手も当たっていたら「Hit!」
当たっていなかったら「Miss」と正直に答えます。
これを交互にやって、先に艦隊がすべて撃沈したほうが負け。

一見単純そうですが、なかなかこれがクセモノ。
特に艦隊を配備する作戦のでき不出来により、勝負が分かれるところが面白い。
というのも持ち駒の戦艦が決まった大きさではないのです。
  戦艦(5マス分の大きさ)    1隻
  駆逐艦(4マス分の大きさ)  1隻
  巡洋艦(3マス分の大きさ)   2隻
  潜水艦(2マス分の大きさ)   1隻
と分かれており、潜水艦の置き方次第で相手を錯乱させるという戦略もあり!!
ゆえに
息子 「Aの10!」
cat  「う・・・・Hit」
息子 「おっしゃあ~!!!あと1隻!」
 とか、

息子 「Dの9」
cat 「へ、へ~~~ん。ミス・Miss・ミーーーーーッス!! \(^o^)/」 
息子 「えーーーー?どこに(戦艦)置いたん?? (T_T) 」


などなど、激しいやり取りが繰り広げられます (^^;

しかし、ゲームの醍醐味を言葉で伝えるのは難しい。。。
いくら将棋や碁が面白いったってねぇ、
こればっかりはやってみなくちゃわかんない。

今はやりの脳トレのゲームもいいですが、こんなゲームも楽しいもんです。
相手さえいればいつでもできる!
・・ってそれが一番困難なのかなぁ、今日日。
だからみんな孤独に画面を見つめるゲームばかりに走っちゃうのかも。

若者よ~!ボードゲームを目指せ★
[PR]
by catynot7 | 2006-08-30 11:06 | よしなしごと