あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カーリングの謎

e0005435_21444225.jpg
なんやかんや言いながら
トリノオリンピックのカーリング、夢中で見てます。

メンバーのひとり、そばかすのあるチャーミングな小野寺さんが
真剣そのもの、ショットを決める姿が魅力的。
メンバーがお互い励ましあいながらのチームプレーもいい!
勝ったあと、一人ひとりの笑顔を見ているとこっちまで嬉しくなってしまいます。

カーリングのルールは、よくわからないけれど
先攻・後攻、お互いに緊張を高めつつのスリリングな攻防がたまらない!
派手さはないものの、ストーンが意外なコースに乗って思わぬ展開になることも。
ストーンで攻めていったり、ガードを作ったり。
相手チームの作った状況に応じて作戦も変えなければならないので
守りと攻め、両方の作戦をいつも念頭に
いろんな戦略を考えなければならない知的なゲームのよう。
その辺が将棋に似ているせいか、息子も夢中。

とはいえ、
カーリングのおおまかな流れはなんとなくわかったものの、
細かいルールはいまだ理解不可能 (><)
ひとつひとつのショットが生み出すストーンの配置に
一喜一憂する解説者の熱い説明を
「ふぅ~ん、そうなんやぁ・・・」としか受け止められない悲しさ。

「スーパーショットォォォ~が、でましたぁーーーーー!」と雄たけびを聞くと、
「おぉーーー、やったぁ!!」と喜んではいるものの
ストーンが止まった時点で、解説者と同時進行で喜べない悲しさ・・・。
じーーーっと固唾をのんで凝視してるんだけど
やっぱり、いまいち、わからない。
「よしっ、よしっ、よぉ~しっーー!」
ルールを熟知している解説者の唾も飛ばんばかりの熱気におされながら
ワンテンポもツーテンポも遅れて
「よっしゃぁ~!」と喜んでいる親子がここに・・・(^^;

でも、何はともあれ準決勝進出!めでたいっ♪
また、一投、一投を固唾をのんで見守る日々が続きそうです。
頑張れぇ~!ニッポン!

(余談)
あの、ストーンを投げたあとの黄色い掛け声・・・
ニッポンチームらしさ満点で、好きです。
[PR]
by catynot7 | 2006-02-20 21:58 | よしなしごと