あぁぁ~ タンブンに行こうかしらん


by catynot7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

サクラメール

e0005435_9282214.jpg

先日の朝日新聞日曜版beに、迷惑メールに対する警鐘の記事が載っていた。
7月22日のblogでに取り上げた『井川りかこ』さんのような迷惑メールは
業界では「サクラロボ」というソフトの仕業だそう。
以下記事より抜粋すると・・・。

**********************************
サクラの誘惑 あなたに(朝日新聞 be on Sunday 2005/10/2 掲載)

いまや全世界では、1日に500億以上の電子メールが飛び交う。
その中に、危険がひそんでいる。

《 「相談にのって欲しくて」 というsubject名でのメール画面が紙面に掲載》
初めまして。麻里子といいます。
彼氏の事でいま悩んでて。
悩みが悩みなので相談するのが一番いいかなと思ってメールしました。
私は26歳、彼は私より16歳年上で42歳、・・・


知らない相手だったので「お間違いでは」と返信すると、
「ごめんなさい。近くに話し相手もいないし、お友達になってくれません?」

「これは、業界でサクラロボというソフトの仕業」とネットジャーナリストの森一矢さん。
プロバイダーに登録された名前を抜き出し○○さんと自動的に呼びかけてくる。
送ったメールの単語に反応し、「私もテニスが好き」などと趣味を合わせる。
地域を特定しようと、「私は関西。あなたはどこ」
地名を答えると、「私も近くなの。会いたいな」
この辺で、人間のオペレーターに交代し、有料サイトに誘い込む・・・(以下略
**********************************

すごいっ!ここまでできるのかっ!?恐るべしネットの世界。
なんか不謹慎ですが、感動しました。
ここでバトンタッチする人間のオペレーターは、ほとんどがバイトでもちろんマニュアルあり。
相手の住所や趣味を合わせつつ、会う約束をしてすっぽかしながら、
気を引いてお金を払わされるそう。
個人宛に来たメールは本当に危ないものが多い。心して取りかかりましょう!

で、こんなblogを発見しました。
『Mental giMMick 管理人室』
ここは、「日経click」2005年2月号に「迷惑メールの数々を紹介するblog」として掲載され
カテゴリーに『迷惑メール』があり、
管理人さんの元に届いたメールの数々に、鋭くつっこんでるのが笑えます。

●「さやか」さん 25歳 小児科医
●「正志」さん 43歳 会社員
●「いくえ」さん 来月で29歳 既婚 
●「架空・詐欺請求撲滅対策委員会の和田」さん

・・・などなど登場人物もさまざま。
突っ込むだけでなく、いろんなあの手この手でクリックを導くお誘いを
プロテクトする心構えもさらっと書いてあって参考になります。

しかし・・・この手のメールがどんどん生まれてくるということは
市場としても成り立っている(乗ってしまう人がいる)ということで。
世知辛いもんですね~。
うまい話には裏があるというのは今も昔も変わりません。
個人(自分)あてに届いたものには目を通してしまうという本能を巧に利用してます。

『自己責任』 『自己防衛』 当たり前のことなんでしょうけれど
これらの言葉を口から発するにつけ耳に入るにつけ、心にすきま風が・・・。
こんなメールが氾濫すればするほど
あったか~い人間関係、信頼関係が余計に恋しくなります。
[PR]
by catynot7 | 2005-10-06 09:55